ABOUT THIS SITE

guruguru

SNOWBOARDに出会ったから山を登るようになった。写真を撮るようになった。沢山の人と出会うことが出来た。感謝を覚えた。家族の絆が深まった。スケートとサーフィンを始めた。怪我が増えた。自分と向き合う時間が長くなった。お陰で終わらない自分との戦いの日々が続く羽目になった。疲れるぜー。

...MORE PROFILE

Aichi Quest

 

ROMESDSの試乗会があると聞き愛知クエストへ。地元から約150km。スノーヴァと距離が変わらない。ちなみに白馬もそれくらい。150kmなら2時間ほどなので、地元から数時間でいける面白そうな所って数多くあって、こう言うのは地理的に環境が良いなーって思う。それでも山の麓に活動のベースを置く事には比べられないか。凄く近くに住むか、それなりに何処へでも行ける場所に住むか。前者である事が答えだと思う。…それは夢と言うか妄想だな。

オーナーの山田社長・所長のBUSHI君によくしてもらってる。俺の滑りはいまだ全然なのに、オピニオンとしてサポート頂いたので、自由に滑って飛べる。スタッフのYANMARに飛びを教えてもらえれば、今より必ず上手くなれる。通っているKIDSはセカイレベル。一緒に居るだけでフィジカル・メンタルともに鍛えられるよ。

そこまで揃っているのなら150kmは近いか。

※動画をZEROSTANDARDの店長YUJIに撮って貰ったBS Cork 900。ホントはただのBS900狙い。頭が下がって、軸がドンドンずれるのが良く分かる。これはこれで気持ちが良いけど、やりたい事やれないのは本当はいかんよねー。すかさずYANMARアドバイスが入って、少しだけ修正できた。YANMARは本当にエアーが上手いから教え方も理論だってるし解りやすくて流石だわ。

以下忘れるので修正メモ。
Read More

@ryuji homma #Instagram 2016/4/28 19:22

THANK YOU HOMMA ! CIAOで四苦八苦しながら仕事してた時、初めてGUMCHOPが飛騨に来た年なのに、雪なくてどうしようっかって悩みながら、結局、周りのパワーでどうにかなってしまった年のやつ。メインのパーク整備でクタクタだったけど天気がとてもよくて、疲れなんて吹っ飛んじゃったよ。

See this Instagram photo by @jb470 • 70 likes

情報源: ryuji hommaさんのInstagram写真・2016年4月28日 19:22

UNFUDGE OUTERWEAR LINE GROUP

13000252_1038813532831956_6709684155458459902_n

UNFUDGE OUTERWEARのLINE GROUPと言うものがございます。UNFUDGE USERの皆様やUNFUDGEにご興味がある方、また、ニッチでコアな情報がお好きな方。ブランドから、様々なINFOMATIONやSTUFFからのEVENT告知など。もちろんUSER様同士の交流にも是非ご活用いただいてもNO PROBLEMなGROUPとの事です。GROUP名は”UNFUDGE OUTERWEAR”です。ご参加希望の方はメッセージにて!!

UNFUDGE OUTERWEAR (FACEBOOK PAGE)

 
 

GUMCHOP 2016

2016-04-14-10-14-54

週末はCIAOでGUMCHOPですよ◎。しかも2日間もありますよ。きっと気持ちよくなれる場所になると思う。

GUMCHOP 2016
DAY: 4/16(SAT)&4/17(SUN)
PLACE: CIAO ONTAKE
FEE: 3,000 yen

Read More

MOUNTAIN WAVE 2016

Snowboard, Snowskate, Yukiita.

There were one place in the space of a strange atmosphere in the forest.

Music, alcohol, friends, and powder snow of the almost ankle were to OPEN the head. MOUNTAIN WAVE 2016 was nice.

あたまん中カラんなったよ。

MOUNTAIN WAVE

All hand made bank in the forest. “YUKIITA” also very interesting.

Happy to be a good friends and a session.

アシタモスベル。

HALF PIPE

PHOTO BY UMA

PHOTO BY UMA

高鷲のスーパーパイプで毎回やられてる。その割に成長していない。初の高鷲のHP。低空なエアーをPhotgrapher UNAさんに撮ってもろーた。これは嬉しかった。

縦長の写真、上はスペースがすごく空いていた。本来はここに姿が入るはず。ここに姿が入るくらい飛びたい。今の所は…。来年この写真見て笑えるようになろう。こればっかりは回数重ねるしかねーすわ。やり始めはこんなもん。

こんなヨイ環境、他にはねーわ。金の話は興味無いが、金掛かってる施設に、ワールド級のライダーと同じ空間で、それ見ながらセッション出来るのってねーわ。ハウツー見る必要ねーわ。

地元は誘惑が多過ぎて、雪の良いところへ手軽に行けてしまう。そこでシコシコ修行しまくってるけど、そんな所に人いねーから、独自の感覚で板下向けて真っしぐらに落ちるしかねーけど、それが、また、これでヨイのかどーか、それすら分からんから、先が見えてこねーので、そればっかやってて時間が足りねー。

雪がヨケれば白馬まで行ってマルコスと修行する。あっちはあっちで、怖えー顔したすげー人が腐るほどいるし、行けば行くほど山が広がり過ぎて滑らんといかんところが増える一方でキリがねー。

太田先輩がセッションするって言えば、手伝うフリして、”ニュートラルポジョン”とやらを伝授してもらいに行くが、それが日本の何処だろうが行くけど、奥が深すぎるから困るわ。

近年は山ばかり頑張ってきたけど、こりゃーまた修行しなきゃいけない場所が増えた。HPは絶対に山を滑るのに欠かせない何かがある気がしてならねー。

PHOTO BY UMA / WEBSITE: UMAGONIA