ABOUT THIS SITE

SNOWBOARDをLIFE-WORKとして、生きている者が管理するPORTAL-SITEです。PERSONALなACTIVITY-LOG等がCONTENTSとなりますが、特に世間様のお役に立つ物はございません。しかし、出来るなら気ながにFOLLOWをお願いします。 ...MORE PROFILE

トアル1月ノ出来事

1月の中旬ごろ急にチャオでピステンの頭やってるジュンジから電話が来て、チャオ変えたいからパークプロデュースやって欲しい、急で悪いけど、3月のスプリングシーズンまでに間に合わせたい。

本当に急だなあと、しかもなんで俺に、疑問の方が大きかったよ。だけど、総合的に俺なんだって。会議でそう言うことになったんだと。チャオへは、悪い事をしにしか、ここ最近は通ってなかったはずなんだけど、そう言われると頭が上がらない。

諸々事情は聞いたが、経営母体が変わっていたり、財務的な問題があったり、前任プロデューサーとの契約の話だったり…、しかし、率直なところ、御嶽の噴火が全てにつうじたものだと感じた。

それで今、彼らはすごくがんばらなきゃいけない局面に立たされているのだと同時に感じた。だから、ほかっておけないよね。男の頼みは断れないよ。

雪ガ良カッタノデ1時間勝負


旅の帰り道、車で目覚めると、雪が良かったから、朴ノ木の9回券で1時間勝負。ゲレンデですのに飛びたい所で回せない、着れないの繰り返しで種巻いてました。全てはライン取りと地形読みの経験値次第か。神経擦り減らしてかないと先へは進めんなー。こないだのここ、割れる前に飛びてーなー。ぶーんって。

February 15, 2015 at 02:26PM

6時間tweak100本ノック


こんな所でも雪降るんだね。パウダーを期待して、羽島スキー場へ。あるわけねー。いるのは適当先輩一戸 昌平と女王水上、そしてノビークSho Koike。先輩に6時間tweak100本ノック仕込まれました。最後はバックパック背負いながら飛ばされました。さすが教え方が一味違う。お互い体をパッキパキいわせながら、でも、またよろしくお願いします。3時間オシで今から群馬向かいます。

February 13, 2015 at 08:41PM

MAKE CIAO SNOW PARK


春になるとよくここで滑ってる。近いから◎。麓の斜度はまぁまぁゆる目なんだけど、僕は僕なりに、あの辺で山滑りみたいな事を独り無理矢理試してる。失敗の方が多いけどね…。そんなライフスタイルに移行して暫く経つけれど、実は人工物も永遠の課題。昔出来た事が、今出来ないのってやだなって思う。自分の身体に抗いながら、身体を痛めつけて気持ち良くなれるのもスノーボードの醍醐味なのかも。

ありがたい話で、そんな隠れビジターだった僕に、パークメイクのお話が来ました。このエリアは昨年の出来事から、今、凄く頑張ってる場所。なにか手伝えられないかなーって、ローカルでもないのに思っていたけれど、所詮はビジターでしかなかったので、オープンしてくれたこと自体を喜ぶ事にしていました。しかし、繋がりが出来た今だからこそ解るのは、スキー場スタッフが予想以上に熱くなってたって事。勢いがある。そんな場所は、面白くなるに決まってますよね☻。

3月からがチャオスノーパークのメインシーズンになります。安心安全で大きく気持ちよくいける、ところどころ変体的な要素も含めつつ、自分が楽しめるセクション作りが出来たらええーなって…思うてます。よろしくどうぞ。
 
 
繋げてくれた 黒野 じゅんじ有難う。 Takaharu Katsuragiさんご厄介かけますが宜しくお願いします。

February 12, 2015 at 09:23AM

Unfudge outerwear * スギバヤシ


Unfudge outerwear

腰くらいの雪を掻き分けながら、静かなところまで…。プルオーバーの大きなポッケの中にはいつも道理カチカチに冷えてしまったスニッカーズ。それを解かしながら食べた後は、ふら~っと気持ちのいい所へ…。それが最近の週末だったりです。

Field Staff: Hajimehiko Hino
Location: Hida

Fukui Izumi * Riding Days

1月の毎週日曜は、福井県の福井和泉スキー場さんのご協力を得て、ショップのライディングデイを開催させていただいております。僕んちからはちょっと遠いけど、僕はここの地形や雪質が凄く好き。パークも調子良いですし、ローカルはカッコイイし、それらが独特の雰囲気を作り出しているなぁ~って思ってしまいます。でも、一番好きなのは、北側を向いているアソコのワンターンとか、日があまり入ってこないアノのラインとかだったりです。また、お世話になりに参ります。

あ、イベントの詳細はこちらとかです。宜しくお願いします。
http://goo.gl/tSahmT

January 10, 2015 at 10:49AM

スグワスレル


そろそろお仕事の時間なのでここら辺にしときます。月末にたまった報告書や、月次もやらないといけないし、来月の予算やネットの商材も組んでかなきゃいけないし、会議資料やプレゼンの内容も今日中に作らなきゃいけないので、ハイク中にいろいろ考えて大体見通しはついてきたけれど、多分ドロップしたら全部忘れる◎。

さっさとドロップして、スカっとなって、リフレッシュしてから考えよう。もっといいアイデアが生まれるかもしれないしね。

December 28, 2014 at 01:01PM

アソコモアソコモ


よい日は晴れ。遠く見えるあそこ。そして、あそこも。さらにあそこも、あそこも滑りたい。滑ったところももっかい。気持ち良かったところも痛かったところも、いまどんなふーに滑れるんやろー。なんもかわってなかったりして◎。でも今年はどうしてもやりたい場所は決まってる。

December 27, 2014 at 08:39PM

聞クノガ一番ハエー


よかった日。少しづつ地元の人と繋がりを持てはじめています。分からんとこばかり。山も地勢も文化も習慣も。教えて君でごめんなさい。でも聞くのが1番はえーんです。そしてすぐ試す。冬はすぐ終わるし、時間がない。それだけ広大。そんだけ魅力的。ありがとう◎。

December 25, 2014 at 09:15PM

高速道路カラ見エル


高速道路から見える、いつも気になってしまうココ。自分の生活圏内や、車を少し走らせただけで行けてしまう名もなき里山などに向かう事から随分と離れてしまってて、昔、1人で通っていた頃をふと思い出します。朝ハイクして午後から仕事。気になった所は車を止めて登る。そしてハマる。でも、たまにはいい所もあったっけ◎。いい感じの所、外したくないあまりに、間違いのない所に行く最近の感じもいいけれど、原点回帰じゃないけれど、チープな数ターンのために、ザ・デイかなんか知らんけど、そゆのを捨てて、またハマりにいくのも、もしかしたら自分を広げられるのかなと、ふと思うた。

December 17, 2014 at 12:01AM

ココニ拾ッテモラッテ…


春日井の勝川に移転したお店へようやくご挨拶へ。ずっとここには世話になってる。もう無理かなって思ってたときに拾ってもろーた店。しかもずっと自由にやらせてもろーてる。放し飼いのおいらです。普通ならクビ切られてるはずなんすけど…契約したときからクビワが外れたままです◎。

久々に会えたいつもの人達は、知らない間にすごく遠い人に思えたよ。それだけ頑張って走ってきたのだろうと思う。そんなんを、ちょっと遠目から見てるのがすき。ここに拾ってもらってよかった。

近くに起こしのときは是非◎。

December 14, 2014 at 08:21AM

November Early Session


ショップ主催のアーリーセッション。今シーズン初滑りの方々もたくさん参加いただいたみたいでした。まだ、シーズン始まったばかりなのに、たくさんのご参加嬉しく思います。なかなか、奥美濃で滑る機会は無いけれど、見かけたら声掛けて欲しいです。もっとみんなと滑りたかったー。ありがとうございました。

タグ、オッケーな方はつけてください◎。また、ご一緒したいです。では。

November 30, 2014 at 05:25PM

November Early Session

今月末【11/30(SUN)】は、ずっとお世話になっているショップの【初滑りライディングイベント】があったりです◎。もう初滑りされてる方もおると思いますが、うちのイベントは、よい感じで、ゆるめのイベントだったりですので、結構スノーボードの繋がりを見つけたり、足慣らしには丁度良いのです。もちろん、レッスン付きでステップアップ出来る様な感じとなっておりまして、コーチはあのヤンマーこと杉山 友一君を中心にショップスタッフもサポートいたしております。結構いいかもです。ヤンマーにジャンプ教えてもらいてーっす。ですので、チェケしてみてください。

http://goo.gl/ZTF04M

November 26, 2014 at 07:33PM

立山BC 国見岳〜天狗山 (2014/11/22)

立ちたいなと思うてた処。そこに通えてる人らには、たいした処でもないので、はしゃいでる自分はちょっと恥ずかしいんやけど…。

11月のラストの10日の間に、天気と雪とあと仕事の調整が上手くイイ感じできてて、やっと1年に1回の秋の立山。4年前に国見岳のピークから天狗山見てて、半分崩れ落ちたような姿がかっこええなーって思うてて、そうなると滑りたいと思うのが普通やないですか。やけど、毎年1回のチャンスは3年連敗やったんです。

今年はちょっと違ってて、シーズンインは室内と人口雪で身体バキバキいわせながら、滑りたい病も少し発症してた感じの中で、ジェレミー・ジョーンズと話して写真まで撮れたから、そりゃGood Startだったんですよ。で、いいタイミングで外人みたいなエッセンスを持つYutaka Sakoから秋の立山の連絡が入って、そりゃ行くって感じになるでしょ。

週末は滑る人も多いし、バックカントリービジネスやツアーの感じも、そりゃー強くて、アウェイ感やマナー的なナニカも一部感じながら、堂々巡りな事は考えず、見えてるピークと青い空だけを目指して行く事に。

今回は、新呼吸法でノンストップハイクを試したり、新装備の肌とのコスレ具合を試してみたり、新配合のプロテインジュースを試して気持ち悪くなってみたり、あと無駄にスプリットのハイクスピードに挑んでみたりしながら、気付くとキモティイイ処に立っていました。GPS(ここじゃいらねーけどw)で国土地理院のピークに記念ウェイクポイントを刻んで、そして、滑りてーなーってラインを探す時間を多めにとってDropさせてもろうたっす。

満足したけど既にもう足りない。Thanx!

 

November 22, 2014 at 08:02PM

 

2014/11/22 Mt. Tateyama
立山駅 日にちが書いてあったので…

週末はスキー場

ターミナル

国見岳 ピーク〜浄土山

国見岳ドロップ

国見岳 東斜面〜天狗山

天狗山を国見岳東斜面からチェック

天狗平〜天狗山

天狗山ハイク

ロックマッシュとカモシカ

天狗山尾根取付

天狗山の痩せた尾根

天狗山

 

天狗山 ピーク〜国見岳方面

 

ライン

 

えいよう

 

Drop'n to 2014-15


僕もようやく2014-’15シーズンにドロップインすることが出来ましたよ◎。半年ぶりの深夜の室内イベントからですが、滑り始めは相変わらず板に乗れずのダサい感じやったっす。ーーここ数年の滑り始めは、立山か白馬だったりだけど、乗れてない状態でフレッシュな深雪だったり、山の中やったり、装備もおろしたてやし、身体も高標高帯に仕上がっているわけでもない状態で向かってきました。それに油を注ぐように、滑るエリアもアウェイで山の様子を感じられない場所を、仕事の休みを調整して、そこそこの金払って、現地の天気や状態の云々よりも、今滑りたい気持ちを最優先で滑るわけだから、そりゃ事故が起きますよね。しかも、いきなり開放的な森林限界を超えた場所まで車やバスでいけちゃってて、それでパウダーだったりだから、そりゃーマトモじゃいられないです。自分のような山素人には特に。山の情報を僕らのために配信してくれている機関や、登山者の安全管理を真剣に考えてくれている人々にはリスペクトしますが、僕みたいな気持ちだけバーサックな状態の滑りたいJunkyと、彼らとの経験則やその場の空気感なんかの温度差は、たぶんその時点で埋めることは出来ないです。埋まらないことを前提に、詰めてもいかなきゃいけないんすけどね。だから今年はワンクッション入れる為に、室内も行くし、人口雪もいれていこうかなっとか、この時は考えていたんです◎。

November 19, 2014 at 01:08PM

地球デイチバンヤバイ


地球で一番やばいトップマウンテンライダー#Jeremy Jonesとほんの少しだけ会話が出るチャンスがあったっす。声をかけてくれたレジェンダリーショップオーナー前坂 勇社長や、間に入ってくれた#PATAGONIAの@KENJI KATOさん達に感謝や◎。さらに白馬で世話になってしまう247君や#YoneFilmのHiroaki Yonekuraヨネさん達にも久々に会えたし、#km4k の小嶋 の智くんや#JonesのJun Kondoさん達にも久々会えてしまったので、なんや嬉しくなってしまった。人に会えて幸せやーと思える人、いっぱいおると最高やー。そーゆーのは、なんや素敵な事や〜ん◎。みんなもう高山に住んで欲しいっすわ。Jonseは高山はいい山あるなーみてーなこと言っとったし、いつか滑りに来るぜみてーなことも言ったで、その内、来てくれるかも(笑。それまでにちょっとでもスノボー出来るようにならならんなー。

To Mr. Jones: Thank you for coming to our town. Someday I want absolutely to meet again. And ride the mountain together.

写真はお守りになるぜー◎。

November 17, 2014 at 07:57PM

死ンデモ生キテイル


山の中で見つけた小屋。昔、死んだ祖父が建てたんじゃねーかと思われる。藪を刈って、中身を片付けて、手直ししたら、まだ生きていた。人はいなくなっても、モノは残る。それだけで十分、記憶の中で生きてる気がするぜ。久しぶりに、祖父を感じなから、毎回、家族からクレームが出る、モラッテキタモノ・イツカツカウモノ・ステラレナイモノの一部をここにしまいよる。勝手に使わせてもらうぜ。じーちゃん。

October 21, 2014 at 12:12PM