ABOUT THIS SITE

guruguru

SNOWBOARDに出会ったから山を登るようになった。写真を撮るようになった。沢山の人と出会うことが出来た。感謝を覚えた。家族の絆が深まった。スケートとサーフィンを始めた。怪我が増えた。自分と向き合う時間が長くなった。お陰で終わらない自分との戦いの日々が続く羽目になった。疲れるぜー。

...MORE PROFILE

ミノワ

7dfxolz210年前に幼馴染に連れられ、初めてゴルフしたのがここのショート。そしてホールインワンした(っと言ってもショートなのでチップインに近い)。

調子に乗って、また遊ぶためにSWとパター作ってもらった。レフティーなので、探すより作ったほうが早いと思って。結局、すぐ冬になり使う機会がなく、そのまま10年ストレージに置いたままになった。

10年ぶりに、そのSWとパターを持ってここへ来た。そしてクラブをミノワのオーナーに見せた。

ひどく喜んでいた。自分の作ったクラブに見覚えがあった様だった。大事に使ってくれててありがとうと言われた(大事にしまいこんでいただけど…)。

プレーが終わり待合室で歓談している時、奥からクラブセットを持って出てきた。「これいる?」アイアンのセットだった。何年か前のものだが、石打ちの傷も無くグリップもまだ残っていた。タオルで磨いてやったら、くすんだ金属が夕日を反射して輝いた。俺にとってこれは宝。

さっそく、帰りにいつものインドアで打つ。8I・7I・6Iまったく当たらねー。今はこんなもん◎。

SWで80ヤード程で遊んでいた自分にとって当たれば120ヤードいくってあの感触は楽しい。それからほぼ毎日インドアで打ち、数日後1人でミノワへ打ちに来た。いつも道理、待合室で歓談していると、「あ、これいる?」と言われた。3Wが出てきた。「また来ると思って、作っといた。」こんな事を言う人は始めて見た。そして宝がまた増えた。

帰りにいつものインドアで打つ。まったく当たらねー。が、今はこんなもん◎。

GOLF

0e0o1a18はじめた。きっかけはこの人。そしてこの日から、まためんどくさい日々が始まった。

体にたまった怪我は、オフシーズンを引き篭もりにさせた。部屋から出る気は起きず、家と会社と飲み屋の往復が数ヶ月。スケートは去年の秋からストレージに放かり込んだまま。ベアリングと自分の両膝は当に固まったまま。

オフは必ず登山に行く。旅にも出る。山の気持ちよさに興味は無いが、冬に滑れそうなところを見つけて妄想すると気持ちヨシ。娘を連れて、担いで、冒険するのも気持ちヨシ。父親のスゴサ的な何かをここぞとばかりに植えつけ自己満足でも、それはヨシ。ただ、もう20kgを担げるような膝の軟骨は残っていない。

階段すら上れない時期がしばらく続いたが、夏ごろから海に向かうようになった。サーフィンがしたかったが、踏ん張れるわけも無く、ただ泳いだり、水中を歩くだけでもそこそこ体に効果を感じられた。

そこで、キャンプを始めた。キャンプバイブスに興味はねーって思っていたけど、やればそこそこヨシ。海や湖を中心に、基本泳げるところを探した。サーフィンは出来ないが、サップなら出来た。山も登れないが、山を感じられるところだと、少し妄想も出来て尚ヨシ。

”アグレッシブな”キャンプをテーマに夏秋と続けたおかげで、体の調子も少し良くなった。それでも冬に身を投じる自信はまだ無かった。

ゴルフは体幹が鍛えられそう…。ただそれだけの理由で始めた。冬を目前に、ほぼほぼ切羽詰まった感を抱きながら始めたゴルフだが、これがかなり膝の回復に良かった。スキルやスコアは気にせず、ただひたすら打ち続けた。しかし、闇雲に打つよりも、スキルアップを考慮しながら課題を持って打つほうが、体を使うので、その適度な負担が体の調子を上げた。それに、うまくいくと気持ちヨシ。

ゴルフは上半身と下半身の捻じれを利用して玉を飛ばす。下半身をしっかりと固め、上半身を回転させる時、膝の靭帯に適度な負担がかかる。この伸縮を一日に300回くらいしているはずなので、リハビリに飽き飽きしていた自分にはちょうど良かった。

全ては短い冬のため。長い人生を掛けるのは滑稽かと思う。毎年、綱渡りのスノーライフだが、いまだ首の皮一枚その綱に引っかかっていると感じるのであれば、しがみ尽くべきだと思う。

 

冬までには完璧な状態でお山に立ってるイメージ出来てますよ。忘れる前にいつも道理ここにログ。

LAKE KIZAKI-KO

2016-10-06

釣りに興味はねーわ。けれども、現地で釣った魚をその場で食すのはやりてー。1から火を熾して、強力な強火で肉をカリカリに焦がして食いてー。とにかく火を高々に燃え上がらせてーんすよ。そしてその上を飛びてー。

そこで、わかさぎが沢山釣れるって聞いた、長野県大町市の仁科三湖周辺で野営。この時期とにかく人がまばら。…どころか、管理人の姿すら見えねー。御用の方はこちらまでの電話に掛けるが出る気配すらねー。木崎湖1周してだめで、青木湖一周してもだめ。木崎湖2周目、木崎湖キャンプ場で人影。

今晩の寝床はここ。ここで火を熾す◎。フリーのキャンプサイトで好きなところに張れた。風が強い日だったので太い松に囲まれ、かつペグが抜けにくい土壌を探して張った。

目の前に広がる湖に伸びた桟橋で釣るのがベストかもだけど、釣れなさそうなので、近くの”星湖亭”と言う貸しボート屋に行くことにした。顔は怖いけど本当に親切で雰囲気のあるおやっさんがやってらっしゃる。釣果は時間つぶし程度にしかならなかったけれども、釣ってすぐにテントの前で天ぷらにして頂いた。ありがてー。

夜になる前に火種と薪をかき集め火熾しの準備。この日のために火熾しのHOWTOとスカパードのサバイバルTVを見てきた実力(?)をここで発揮したい。そして娘にスゲーと言わせたい。

今までのやり方は、着火剤を大量に使うやり方。しかし、本当はそう言うのに頼るじゃなくて、現地で調達した自然物で火を熾せるようになるのが目標。が、そんなに上手くいかないので、着火剤と木炭も一応持ってきた…。

風の強い松林だったので、火種は大量に確保できた。松は良く燃えるし、いい匂いがして好き(正月の神社みたいな匂い)。ただ、火持ちのする硬い木がなかなか採れずに、火はつくが持続しない。やっぱしょーがねーので木炭使った。火ってなかなか上手くいかねー。

娘達にもっと火遊びを教えたい。外で泊まらなくちゃいけなくなったとき、絶対に欠かせない事になるから。スイッチ1つで暖かくなるものなんだと思って生きてると、いざって時、寒くて死んでしまうから。そう思って、火の扱い方を一緒に学んでいこうと思っていたけれど、飽きてどこかへ行ってしまった。

まだまだショボイ焚き火だったって事か…。

PRIVATESESSION ON LINE

スノーボードシーズンが始まる前に覚えるべきポイント 第3回

スノーボードシーズンが始まる前に覚えるべきポイント 第3回

太田宜孝プロデュース”PRIVATESESSION”のWEB媒体版。セッション中、昔からキーワードにしてきた”ニュートラルポディション”。冬を前に解説版のオンライン化に際し、お手伝いをさせて貰えた。

シニアプロスノーボーダー太田宜孝のスノーボードレッスンブログ

スノーボードシーズンが始まる前に覚えるべきこと 第4回

 

太田君の言い回しは独特。彼の長い経験を、読み手・聞き手と同じ目線に合わせて伝えようとしているから分かりやすい。それでも、言葉や身体を使った説明とは違い、不特定多数に向け文章で伝える事は簡単ではないはず。

2分ほどの記事を書き上げるのに5時間以上掛かったりと、普段とは違うスキルが問われていた。しかしながら、仕上がった際の達成感は大きく報われる。プロの書き手は紙媒体が減り続ける世の中で、どれだけの凄いスキルが埋もれてしまっているのだろうと想像した。(自分は横からチャチャを入れていただけだが…)。

書く事って面白い事。続けばいいなと思うた。 数時間掛けて数分で読み終えられる記事でも、内容と伝え方の質が高ければ、もしかしたら現場でのレクチャーと同等の効果、もしくは併用すれば更に高い効果が生じるはずではないのか等と思うた。だから、冬はこのサイトをブックマークして雪山のセッションに参加して貰えたら嬉しいなと思うた。今後も1記事づつ増えてゆけば良い良い。

LAKE MOTOSU-KO

千円札の裏へ。8月も過ぎた平日、台風接近の合間となれば人は疎ら。静かで蒼い本栖湖の湖畔で、また家族が育った。こいつらのお陰で、俺の今と未来がある事に気付いた。だから俺はこいつらの未来の礎や踏み台みてーな物にならねーといかんなーと思うぜ。やつらの今を充実させてあげてー。その為に俺は外で遊びまくるぜー。

Go to hunt for lunch.

IMG_3140
昼飯はまかせてくれ Go hunting !!。二人で獲物を探しに海へ。でも本当は、水の中に顔を入れて泳ぐ事が出来るようにする為だったのさ。

風呂で毎日練習したさ。最初は、口だけ。その後、鼻・目・耳と順に入れられるようになった。シュノーケルもライフジャケットも手に入れて、この日を迎えたのさ。

海の中の中がどんな風になっているのか知ってもらいたい。自然・人工に限らず、初めての経験を沢山させてあげたい。新しい事は、兎に角、楽しい事だって事を知ってもらいたい。

塾や習い事は大事。子の選択肢を広げられるかも。俺が教えて上げられないことは、先生に任せりゃーいい。俺は可能性を広げる事をしてあげたい。新しい経験がもしかしたら一生の生業になるかもしれねー。俺にそんな人生はねー。ただ、子には一生ものの生業を見つけてほしいぜー。そんなの、ガキの頃からはじめたって、全然早くはねーと思う。

How’s it going?


こんちわー。そのツノちょうだい࿐。たまに遊びに来るみたいだけど、毎日おかげさまで忙しくて、遊んでやる暇はねー。

サラリーマンになって15年ほど。会社で稼いで、それを山へ捨てにゆく。そしてまた会社で稼ぐ。たまには家にも帰って、そーやって冬を越して、結婚して子供もできた。山へ行く刻は減らず逆に増えた。寝る時間は減ったが、忘れられない瞬間と糞の足しにもならねー大切な仲間が増えた。あと稼ぎも増えた。それを貰って、また山に捨てる。それで満足。嫁も納得。それが出来るだけで儲けもんの人生。スノボーやってますと堂々とは言えねーが、その因果に自分は価値を見てる。全てを投資できる。

ただ、子供には…そんな風にはなってもらいたくはねー✮。

NORDISK ASGARD TENT


キャンプバイブスに興味はねーわ。そう思い聞かせてたけど、もう無理だね。野営しながら外で遊びてーぜ。ビール飲みながら肉喰いたいぜ。そして焚き火がしたい!

タイミングよく兼岩 龍之介のノルディスクのアルフェイムを見てから、ストッパー外ずされたよ。彼のスタイルは格好良かった。世代や家族構成が同じ。あと、あいつは、あー見えてカッコつけマンだから。

ノルディスクのアスガルド12.6を手に入れた。大人6人用。嫁と娘2人なら快適。もう2.3人増えたところで余裕っすよ。子は沢山欲しい。テント張る時、楽だから。

試しに能登島の松島で野営。手軽そうな区画エリア。本当は人がこねー所がベストだけど、八ヶ崎はテン禁だったし、フリーで張れる勝尾崎は浜辺がキタネー。松島は区画だけど、テント張るには快適。島あるし、ビール売ってるし。女を連れてると、カイテキという奴に優先順位が先行されてめんどくせーけど、財布を握られてるので、しょーがねー。

アスガルドはかなり簡単に張れる。フロアー敷いて、ペグ打ち一周して、本体にワンポール入れてから、チャックで一周して、もっかいペグ打ち一周して、微調整でもう一周すれば終わり。その後、1人だとめんどくせータープの方が汗を掻く。

松島、海沿いの11番は角地で他のテントも視界に入らずヨイ。海入って、疲れたらテントに戻ってビール飲んで、また海。これヨイ。酔うけど◎。

子供の成長は家にいてもわかるけど、何ていうか、限界を延ばしてあげられるのは、外だと思う。外には家にないものが絶対ある。大人だって延びるよ。人間すぐ死ぬんだから、やらねば。

次はカヌー欲しいぜ。頼む!ヨメ。

Aichi Quest

 

ROMESDSの試乗会があると聞き愛知クエストへ。地元から約150km。スノーヴァと距離が変わらない。ちなみに白馬もそれくらい。150kmなら2時間ほどなので、地元から数時間でいける面白そうな所って数多くあって、こう言うのは地理的に環境が良いなーって思う。それでも山の麓に活動のベースを置く事には比べられないか。凄く近くに住むか、それなりに何処へでも行ける場所に住むか。前者である事が答えだと思う。…それは夢と言うか妄想だな。

オーナーの山田社長・所長のBUSHI君によくしてもらってる。俺の滑りはいまだ全然なのに、オピニオンとしてサポート頂いたので、自由に滑って飛べる。スタッフのYANMARに飛びを教えてもらえれば、今より必ず上手くなれる。通っているKIDSはセカイレベル。一緒に居るだけでフィジカル・メンタルともに鍛えられるよ。

そこまで揃っているのなら150kmは近いか。

※動画をZEROSTANDARDの店長YUJIに撮って貰ったBS Cork 900。ホントはただのBS900狙い。頭が下がって、軸がドンドンずれるのが良く分かる。これはこれで気持ちが良いけど、やりたい事やれないのは本当はいかんよねー。すかさずYANMARアドバイスが入って、少しだけ修正できた。YANMARは本当にエアーが上手いから教え方も理論だってるし解りやすくて流石だわ。

以下忘れるので修正メモ。
Read More

@ryuji homma #Instagram 2016/4/28 19:22

THANK YOU HOMMA ! CIAOで四苦八苦しながら仕事してた時、初めてGUMCHOPが飛騨に来た年なのに、雪なくてどうしようっかって悩みながら、結局、周りのパワーでどうにかなってしまった年のやつ。メインのパーク整備でクタクタだったけど天気がとてもよくて、疲れなんて吹っ飛んじゃったよ。

See this Instagram photo by @jb470 • 70 likes

情報源: ryuji hommaさんのInstagram写真・2016年4月28日 19:22