スグニ病気ニナッテシマウ

20111208_021550.JPG

えっとですね、たまに思うんですが、僕には今、筋肉痛がとても必要なんだ!って感じる時がまぁまぁあるんですよね。体中にピリピリした痛みが走ってて、ほどよい疲労感を感じてる時って、気持ちも比例して溌溂(ハツラツゥ)としてて、心身ともに健康な状態でやれてるなーって感じるっす。

だけどその逆はちょっとまずいんだよねー。気持ちが下がっちゃってる時は体も弱ってきちゃうから、僕なんて気持ちが弱いからすぐに病気になっしまうす。

体って不思議で、そしてすげえめんどくせー。だから自分の体がちょっと可愛く思えてしまうす。僕は自分の体が好きだああーっとかw。

たまには脳みそからブワッとしたものを出して、筋肉や関節をキリキリ言わして、まだまだ全然やりますよっていう信号を心に届けてあげないといけないんすよ。きっと。

それをスノーボードでね…。

悩むことは悪いことじゃない。青臭く悩んでた方がかっこいい。悩みながら生きてた方が絶対楽しいっす。

国見岳山頂

20111128_152856.JPG
立山連峰 国見岳 2620m

恒例の11月下旬の立山。今年は国見方面で3本滑らさせてもらいました。今年の降雪時期はまだまだで、積雪量は少ない中、仲間とじっくり地形を観察・熟考し、で、ノートラで深いの探し当てられました。やはりスノーボードってコレだよね◎。って、滑り終えた後、なんとなく感じました。トラックログなどはまた後日!ありがとう~す。


大雪山旭岳 5 合目

110301_102228_ed
旭岳(2,290m) 5合目(1,660m) 2011/03/01 10:30

旭川ロープウェイ終点姿見駅からハイク2,30分で5合目の石室避難小屋。天気の様子を見て2000m位までハイクしてDROPするつもりだったが、ホワイトアウトになったため、撤退。

いつかまたチャンスがあれば、胸パウの地獄沢をトライしてみたいっすねー。

その後は視界は悪いが、降り積もった盤の沢を廻すルーティーンに変更した。

旭平を奥へ奥へ詰めれば詰めるほど、雪の感じが良くなったが、コースへ戻るのに1時間以上のラッセルになった。最高☆。


グダグダ言イナガラ登リ返ス

P1010362_ed
立山。午前はガスが多かったが、午後からは晴れ間が垣間見える時が有り、その隙を狙ってDropした。光が差し込むと、力が沸く。グダグダ言いながらも、2回登り返しの、今回は計3本。

撮影は満足のいくものはネー感じで、滑りもまだまだピヨピヨで、岩場を滑るときなんて、腰が引けてて笑えた。まぁ、それでも面白れー事に間違いはねーっすね。

GPSのログなど詳細はまた後日。次は乗鞍BC。誰か一緒に息魔性。

続きを読む

ヌードリング妄想

ヌードリングの重し
SH-04A http://flic.kr/p/8Srr51

夜勤中、深夜二時か三時頃に、仕事が一段落し軽く食事を摂ることになりますが、総務課が配給する食事ときたら大抵カップ麺とかで、センスを疑うわな。心の優しい方々達がたまにイイモノを持ってきてくれることも有りますが、何にもネー時は、しゃー無しですが、ヌードリングします。30age過ぎて、深夜のヌードリングは、何故か侘しい(ワビシイ)気持ちになります。今回は老舗メーカーのをヌードリングさせてもらいました。ところで、俺は必ず、海老を抜きます。海老の味がしねーからです。ほどなく海老抜きの作業を終え、湯を入れ、蓋を閉めるのですが、毎回、必ず蓋が開くので、重しを乗せます。だいたい、手の届くところに何かは大抵有るのですが、今回はない…FAKKU!。ふと見ると、マグネットクリップに誰かが送ってきたハガキが挟んで有るモノが見えたので、それを重しにしました。三分間、麺ドモが煮えたぎって逝くのを待ちながら、暇つぶしにハガキを読むことにしました。…どうやら、先日アルバイトにきた小僧からの手紙でした。…どうも、ニュージーランドにいるみてーです。FAKKUですね♪いつか行ってみてーなーNZ☆そんな妄想に耽り(フケリ)ながら三分は過ぎ、海老抜きでヌードリングしながら、明日は鳥嫁がホワイトピアに行くらしいが、俺はザ羽島へ行く気になってるとか、ならないとか…。

机上デノ算用

101107_022239_ed

メーカーとコラボでの貸切の滑走会。アンドゥさん率いるザSALOMONは今夜が三回目。ただ一緒に滑るわけではなく、最初に一時間ほど机上講習を受けてから滑ります。今回はキッカーでの「抜け」。ホワイトボードを使用し、アプローチから抜けてゆくまでを丁寧に説明し、その上で、滑る。そうすると、良くなるんすよね。

最後は、キッカーに登って集合写真なんだけど、実際にリップに立ってみて、「抜け」をイメージする熱心な方々もいるんですよねー。こんな事が出来るのも、貸切滑走会ならでわなんじゃないっすかねー☆

部活帰りみてーなアノ感じ

今、羽島で飛んで帰りの高速道路なんですが、アドレナリンを出して、カロリー使いきって、そしてその後に体がいっきにダルクなる例のにアレを、久しぶりに味わってます。部活帰りみてーなアノ感じです。

先週末、ショップの販売応援の”ついで”に飛びにいった時の事、思ったよりも身体が回復していると感じた。半年ぶりに、汗をかいてスノーボードが出来た事自体に驚いた。そして、ついに今夜は、スノーボードをするつもりで家を出ました。左膝や右足首が復活してるかどうか、確認も兼ねての予定でした。まぁ、その結果が、顔着で軽く顔を擦ってますが、そんな事は今はドウでも良くて、最初は、左膝の痛みを恐れ、チビチビとやってましたが、…ドウも痛くねー。

チョイ調子にのって、1番から勢いは殺して飛んだり回したりしてみたが、これも痛くねー感じで…。少しずつスピードを上げて、高さとか回転数とか上げて、そのうち、ブーツの紐とか硬く結んで、抜けが悪いとか言い始めて、しまいには7狙い始めてて、しかも一回も着れずボロボロになって、その頃、何となく膝が痛いことに気付いた…っと言うか、痛いことにしておいた。

感覚と筋力は今は若干落ちているが、上達欲や情熱的な闘争心などを始めとする攻めるためのメンタル的な要素は、いまだ陰りが無いことに、自分でも安心した。持って来たテンションとカロリーはスノーボードで、その日のうちに消化して、フラストレーションとして、次の日に持ち越さない。

そろそろ、この時期になって、そういう感じのアレに戻ってきたんじゃない?…等と、顔をヒリヒリさせながら、運転しながら、ふと思うた。

PIS LABoarding

PIS LAB

PIS LAB ナウ。 ぶっちゃけ面白いかもねー♪ウワサ程の酷評ではないと思うが…。楽しみ方はそれぞれ自由☆開拓していける感じかもねー。この時期に1000m横向いて滑れるのがイイねー。家から一時間ってのも俺にはイイです。そして、温泉有ってビール有ってw。だから、ストイックに練習といった感じのアレにはならないかもですねー。