高尾山山頂

100902_101642_ed
高尾山 278m 10:20

鳥嫁の里帰りにふらっと信貴山へ。途中、ナビに高尾山とあり、山頂までの遊歩道もあったので、鳥嫁と嫁母を車にデポし、独り山頂へ♪低いながらに山頂直下は岩凌で楽しかった。新しいロッククライミングのトレーニング跡もあるので、練習してる人もいるのかな?っとか思うた。眺めがよく、嫁兄家の天王寺や遠くは神戸のコンビナートや六甲山まで見えた。GOOD!


前穂高岳山頂

P1010056_ed.jpg
前穂高岳 3090m 12:00

ザ霧。風景見ずにそこそこハイペース。分岐の紀美子平からの登りは楽しい。さて次は奥いきますかー?この先のルートは荒廃してるとかどうとからしいが、その辺、どうなんすかねー?フォローお願いしますー。

妙高山山頂

妙高山 2454m 8/8 9:46

憧れの妙高山。赤倉・池の平・燕、そして膝を痛めた関温泉がある。池や関温泉に訪れた際、なんて滑りガイの有りそうな山だなぁと思うた。いつか滑りたい。そう思って今回の妙高です。素晴らしいシュートや沢が…そしてバックボウルがここには有りました。いつか滑りたい♪いつか滑りたい☆

火打山山頂

火打山 2461m 8/7 13:10

黒沢谷から高沢ヒュッテを通って山頂へ。整備の整った歩きやすい登山道。トリカブトの群生が素晴らしい。次は妙高山。

見量山山頂

100803_181438_ed
見量山(御墓山)997m

夏の夕方の風が現在グッドNow♪ 実は先日道迷いで断念。リベンジトレッキングでした(w。この山は松茸山なんですねー。入山出来るのは8月15日までとのこと。

西ウレ峠

西ウレ峠
西ウレ峠 1313mピーク。

仕事柄、人が多く賑やかな所にポジションは置いているのだが、そんな雑踏から不意に静かな所へふけたいと思うねー。今まさにその瞬間なのだが、そんな妄想をしているさなか、肉芝サンからメールが…。「西ウレ峠ニオルヨー」やって。…最高やなー。水の綺麗な静かな所♪空いてる時間に、さっと行って、さっと帰ってくる感じの里山山行…。夕食の買出しついでに山登っとる感覚かね。まぁ、うちはそんな感じなのかもねー。

続きを読む

弓折岳山頂

100706_123722_ed 100706_120614_ed
弓折岳 2592m。大ノマ岳から大ノマ乗越・弓折岳・弓折乗越を過ぎるまで雪道が続く。途中、アイゼンでトラバースを強いられる箇所がいくつか有る。

視界は平均して30m程だったが、ホワイトアウトするタイミングもあり慎重に進んだ。

大ノマ乗越(12:05)-弓折岳(12:35)-弓折乗越(13:40)-双六山荘(14:30)

秩父平 – 大ノマ岳山頂

100706_100707_ed 100706_112635_ed
秩父岩を過ぎてから霧は濃くなり、そしてよりによって今回の難所と思われる秩父平。7月上旬は雪渓上の登山ルートにマーキングや踏跡は無く、濃霧の中、山では使えないGoogle Map Mobileと自分の感を頼りにアイゼンで秩父平を抜けるのに1時間かかった。夏道の白い○印を見つけた時はフルエタ。

大ノマ岳までまた1時間。綺麗な花畑は雪の下だろうが、この景色もこの時期ならでわだから、それはそれイイと思った。

秩父岩(9:30)-秩父平(10:30)-大ノマ岳(11:25)

抜戸岳山頂

100706_082606_ed 100706_081858_ed
抜戸岳 2812m 8:30。山荘から抜戸岳まで時間が掛かった。途中、ふと気づくと雷鳥が手の届きそうな所で花を啄んでいた。驚かすこともなく、驚くこともなく、横を通り過ぎた。はぁ、幸せだぁ。

次は大ノマ岳へ。そしてその途中が、おそらく今ルートで最も難所になると思われる秩父平。濃霧の中の雪渓のトラバースとルートファインディングをどうするか不安でならねー。っというか、残雪多く、夏道がまだないらしい。んー、イケイケでイクです。

笠ヶ岳山頂

100705_162921_ed
笠ヶ岳 2898m 16:30。

結構訳あって結局10時間コース。しかし時間を掛けて登って、そして景色とこの感動。これだから辞められない。病み付きになるわけね☆……さて、次の場所へ→。