Real Favicon Generator

Favicon Generator for all platforms- iOS, Android, PC-Mac...

久しぶりにサイトのファビコンを変更したので、そのときの事をメモ。ディバイスの種類も増え、表示するファビコンの設置方法やサイズも多様になっています。昔からある16*16のドットアイコンから高解像度・IOS・Android・Windows8と数えだしたらきりがないです。

そんなに作っている時間が無くてめんどくせーって思っていた時に見つけた「Real Favicon Generator」と言うサイトは、多様化するプラットホームに対し、様々なサイズや形式のアイコンを一括で作成&ダウンロードできます。しかも、設置用コードも一緒に吐いてくれるのは大助かり。早速取り掛かりました。

  1. まずは260*260ピクセル以上の画像を用意。
  2. ”Select your Favicon picture”を押すと様々なプラットホームのアイコンが一括で生成されます。
  3. 設置用コードも一緒に表示されるので、特に変更が無ければそのままheader内にコピーアンドペースト。
  4. ダウンロードしたアイコン類も設置場所に変更が無ければそのままルートにアップロード。
  5. 全ての更新が終了したら、”Check your favicon”でご自身のサイトのファビコンが正常に表示されるかチェックも出来ます。

便利すぎた。数分の出来事でした。

後で知ったのですが、Wordpress用のプラグインも出ていました。「Favicon by RealFaviconGenerator」。ファビコン設置後でしたので、試していませんが、こちらの方が更に楽そうです。試してみても良いかもですね。

Winter has returned.

image


まるで厳冬期が戻ってきたようだった。山へ向かう道中の降雪は次第に強くなり忘れかけていた景色が蘇る。黒いアスファルトは瞬く間に白く塗り替えられ、そして闇を照らす。車の流れは徐々に遅くなり、大型の除雪車が前を塞いだ。フロントガラスに張り付き凍る雪は、ワイパーを早くしても溶ける事は無い。これだ。これを待っていた。つかの間の冬景色をしばらく路側帯で堪能。今夜も2時間夜滑る。

UNFUDGE OUTERWEAR 2016-2017 Indoor shooting

昼間の滑りで身体に充実的な疲労感を溜めながら、深夜まで来期のUnfudge Outerwearにファインダーを向けるPhotographer mrkz。意識が朦朧となり始め、つい先程まで滑っていた斜面を思い浮かべる。あの斜面を今この真新しいウェアーを着て滑ったらどんな滑りが出来るのか。軽量化され破水性も大きく向上したMade in Japanの新Unfudge Outerwearを着たら、軽快に森の中を滑り降りて来る事が出来るだろう。天気に左右されることなく無邪気にはしゃぎ回る事が出来るだろう。本気で遊んでもらう人のために、プロライダー太田宜孝の眠れぬ夜もまた続く。

そして入稿期限間近…。

本町通リ

外国人と路駐の多い本町通り。混雑をするのであまり通ることは無いが、通ると観光地の雰囲気を味わえる。地元民は国道沿いの大型店へ足を運び皆と同じ物を買う。僕は煙草を買うとき本町2丁目の店。酒を飲むときは2丁目と3丁目の交差点近くの。そして、今日ランチをした本町4丁目のカフェ「茶麻芽 cha-mame cafe」は1周年記念だった。

Cha-mame cafe 1st Anniversary Paty
2/10(wed) 19:00~ ¥500
LIVEとか色々

image craft CAR WINDOW FILM 5%±

作業日 : 2015年06月13日
1
ウィンドウフィルムを貼ってみました。ちょうど、ABのワゴンセールで500円でした。初めてのフィルム貼りに練習を兼ねて駄目元で購入。
2
角度によってはブラックボディーと変わらないくらい黒くてサイドからの見た目がシンプルになりました。
3
今回使用したのはこちら。5%を使用。車泊をするときに外からの視線がどうしても気になってしまいます。っと言っても、外からの視線は動物くらいしかいないようなところでしか寝ませんが◎。

外への視界は落ちますが、思ったよりも何も見えなくなるわけでもなさそうでした。初めてのフィルム貼りでしたが、外からの外観は思いの外満足でした。ただ、やはり内側から見ると、シワや気泡は入りますね。とくに、大きな2列目のサイドウィンドウは貼るときめげそうになりました。3列目は簡単でした。リアウィンドウは最も手強そうなので、後日にしました。

 

ルーフライト設置

作業日 : 2015年06月11日
1
ルーフガーニッシュの隙間にLEDを仕込みイルミネーションを施しました。
2
使用した商品はこちらです。
3
ルーフガーニッシュを外し、使われていないプラグから電源を分岐し取り付けました。
4
取り付け後の運転席側からの様子はこちら。
5
ルームライトを消して、イルミネーションのみの点灯はこんな感じです。
6
冬山ではマイナス10度以下になりそうな感じでしたら、エンジンをつけて車泊をするので、イルミネーションがつきっぱなしになると思います。電源のオンオフ切り替えボタンが設置出来たらよかったのですが、今回はシンプルな仕様です。

自分は明るいところで眠ることが苦手なので、あまり光源を強くせず、抑え気味にしてみました。

先輩方がやられているような、淡くにじみ出るようなイルミネーションのようにはならなかったです。

様子を見て、シリコンチューブ等を利用して光を和らげてあげられたらさらに良くなるような気がします。

電飾系統も奥が深くて楽しいです。個人的には、初めてやった割には満足です。

 

フットライト設置

作業日 : 2015年06月10日
1
運転席と助手席のフットライトを取り付けました。先日、ドライブレコーダーの配線を、ヒューズボックスから電源を取った際に、ハブを作っておいたので、作業は楽でした。

運転しながら、光があまり強く目に入るのが嫌なので、LEDは各1発づつな暗めの設定にしておきました。

2
エーモンの分岐コネクターを使用。
3
LEDはエーモンの1灯で、アングルがつけられる物にしました。別にこれじゃなくとも良かったかもです。見えないとことろなので、カバーが付いていない物にしました。

が、冬、滑れそうなところを探しながら、スノーボードのブーツで運転するときに、蹴ってしまうかもです。

4
運転席側。光の強さは暗めです。
5
助手席側。こちらも暗めです。
6
初めてのイルミネーションの設置でしたが、すごく楽しかった◎。なくてもいい物だと思っていたけれど、別の必要な部分につけたいと思っていたので、今回は練習を兼ねて、みたいな感じでした。

次は、ルーフイルミの設置で練習してみたいです。

 

ケガノコウミョウ

STREET Mr. Plus GS-27

初めてヒューズボックスを開け手満たした。そこから電源を取るのも初めて。ピラーなどを外したり、配線を通すのも全て初めてだったけれども、エンジンを掛けた時に、当たり前だけど、通電し、機器の作動を確認した時はうれしかった。
この初めてっていう感じ、自分の車を弄って(弄ったというほどの事でもないのだろうけど^^。)楽しいと思う感じ、新鮮で気持ちいいっす。

あと何回か同じような作業をしたら、当たり前になってきて、もっともっと、弄りたくなってくるんだろうなと思う。

世の中の、凄いスキルを持った整備士の方や、みんカラの凄い先輩方も、こういうのから始まって、若い頃から何十年も車を弄らはってて、今の凄い感じになってんだろうなと思うたね。すげーぜ。

スケートで怪我して、時間を持て余していたけれど、車を弄る楽しさを覚えてしまった◎。弄ると愛着が湧く。

車は道具や見栄のような物だと思っていたけれど、こうなってくると話は違ってくるのかも。行き先へただたどり着けばいいだけの物なら、車は道具。今まではそう。

でも、安くても高くても、自分の車がどうなっているのか把握して、整備も自分でしだしたら、愛着が湧くし、自分のライフスタイルに合わせたカスタマイズまでし始めたら、その鉄の塊はすでに、自身のライフスタイルの一部になるんじゃねーかなーって思うてしまった。

釣りが好きなら釣り用に、キャンプが好きならそれ用にカスタマイズしている方々のように。

自分の場合は雪山が人生のライフスタイルだから、雪山に向かったり、近くで待機したりするためにベストなカスタマイズを施すこと自体が、スノウスタイルの一部になってゆくのかなーって、初めて読む車の取説を読みながら、そんなことを考えていました。

車を拡張するって事は、ライフスタイルも同時に拡張してゆくって事になるのかも、だね。

今日は怪我の功名。Thanx!!

STREET Mr. Plus GS-27

作業日 : 2015年06月10日
1
先日取り付けたSJ4000の電源コードは、シガーへぶら下がるような形で接続していたので、Aピラーを通してヒューズボックスから、電源を取れるようにし、配線を隠しました。これで、フロントガラスはスッキリしました。
2
そのままだと、電源コードの長さが足りないので、STREET Mr. Plus GS-27を使用しました。
3
GS-27からヒューズへは、エーモンのミニ平型ヒューズ電源を使用。
4
フロントガラスの上を通しAピラーに電源コードを通過させました。グリップの裏側にスペースがあったので、そこで、かさばりそうなGS-27のシガーソケットに接続しました。
5
GS-27にE512を繋いで、ヒューズボックスの13番に繋ぎました。

GS-27のヒューズ側はハブになっていたので、後ほど、フットイルミにでも使用できたらと思います。

YOURS LED ROOM LAMP

作業日 : 2015年06月07日
1
ルームランプとリアナンバー灯をLEDに変えました。実は登山やバックカントリーから麓に戻り、そのまま余りの疲労で運転席でルームランプを付けたまま、睡魔にやられて落ちる…からの、バッテリー上がりを3.4回程しており、しかもそれが、そこそこ人里離れている山の中だから、難儀してました。おそらく今後もすると思うっす。なので、対策?として、消費電力の低いLEDにという訳です。
2
こんな箱に入ってきました。超発光^^。明るかったです。車泊も快適になりそうです。ただ、車内の様子が丸わかりなので、ガラスフィルムかシェード、カーテンなんかの対策が、必要になりそうです。まぁ、山の中なのでKM4K(カモシカ)くらいしかいないところで寝るんですがね^^。
3
リアナンバー灯も変えました。外し方は、諸先輩方を参考にしました。ミンカラ、ほんと助かります。

外すコツは、左にずらしながら手前に引っ張る…な感じでした。

外すとひどく汚れていました。虫も入ってた。コイツラはどうやって入るのか?LEDにすれば、虫もよりにくくなる筈なんすかね?

4
ドアの足元を照らすランプも交換しました。明るくて助かります。これで、夜間、ドアを開けて泥濘(ヌカルミ)に足を突っ込む事が減りそうです。