上高地TREKKING

明日は上高地トレッキンで初T/C。なのですが、自己流で行くBCと違い、仕事で添乗員してくには、なにがいるのやら。追記すると、先輩曰くセルフレスキューセットが無いようです。ジェットボイルはいらないみたい。でも、お客さん全員に温かいものは出してやりてー。リスクがかなり低い所だけど安全確保は山岳ガイドにお任せしますってのもやっぱなんか違うかもしれん。わからんことは考えない。でも少しづつ覚えて行こう。いるもんといらんもん。楽しみ方や楽しませ方。

HetboiledMsrUnfudgeBlackdiamondKm4kTruckrDyesnowKeenIphoneHglofsSnickersAkVolcom旅程管理者すぺるはてきとうChary

国見岳山頂

20111128_152856.JPG
立山連峰 国見岳 2620m

恒例の11月下旬の立山。今年は国見方面で3本滑らさせてもらいました。今年の降雪時期はまだまだで、積雪量は少ない中、仲間とじっくり地形を観察・熟考し、で、ノートラで深いの探し当てられました。やはりスノーボードってコレだよね◎。って、滑り終えた後、なんとなく感じました。トラックログなどはまた後日!ありがとう~す。


乗鞍岳山頂 剣ヶ峰

乗鞍岳 剣ヶ峰 3,026m 11:00

さすがランナーとご一緒すると、イイ感じのペースで登れるす。まさにトレーニングですね☆。インターバルトレーニングに近いですが、30分は休まずに足を動かし続けるように登歩しています。早すぎず、遅すぎず、一定のペースをキープしながら登歩すると、呼吸が乱れず、結果、早く、長距離を歩けるようになる事に気付き始めた。

DROPするその瞬間まで体力を最大限残したいす。わたくしはクライマーでは無くスノーボーダーだから、気力体力を振絞り、危険を冒して登頂する事はしちゃいけないって思うてます。


滑り出すその瞬間から、そして滑り終えるまでのほんの刹那だけ、出来うる限り、脳から汁を出し、歯は食いしばり、板は下を向ける。心身共にベストな状態を、その山行のピークとして迎えられたら、自分のとっては、その回の山滑りはGOODですね☆。

だけど、山は余りにも誘惑が多すぎて…。滑ることも忘れて登り、先へ、奥へ。気付いた頃には、滑ることも出来ない様なアイシーな所に出たり、戻ることも出来ない様な深い森林に取り残されていたり…。3回に1回は寄り道がメインになってたりして…。だけど、それも一興ですかね☆。

朝日岳山頂

朝日岳 2,975m 10:00

岩崎君と春の乗鞍。朝日岳は剣ヶ峰を中心とした権現池火山体の外輪山の一座。この時期はトレーニングも兼ねて剣ヶ峰をよく目指しますが、朝日岳のピークはいつも飛ばしてトラバースする。楽だからw。だから実は今回が初登頂でした。

ピークにはお社が祀られています。雪に晒されている木材は柿木を使用する事が多いらしいと岩崎君が言うてました。


先日、剣ヶ峰の外輪山の内側に出現する権現池側へ滑り降りたく思い、下見がてらに里見岳へ登ったとき、肩ノ小屋から権現池へ続く、脇道が残雪の下に見え隠れするように伺えた。国土地理院の1/25000には載っていないので、すでに荒廃しているルートなんではと思う。

そこ行って見たいっすよね。ただし、立ち入り禁止区域だから、行くなら冬しか無理ですね☆。なので冬行きます。

保護中: r75付近

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。