大雪山旭岳 5 合目

110301_102228_ed
旭岳(2,290m) 5合目(1,660m) 2011/03/01 10:30

旭川ロープウェイ終点姿見駅からハイク2,30分で5合目の石室避難小屋。天気の様子を見て2000m位までハイクしてDROPするつもりだったが、ホワイトアウトになったため、撤退。

いつかまたチャンスがあれば、胸パウの地獄沢をトライしてみたいっすねー。

その後は視界は悪いが、降り積もった盤の沢を廻すルーティーンに変更した。

旭平を奥へ奥へ詰めれば詰めるほど、雪の感じが良くなったが、コースへ戻るのに1時間以上のラッセルになった。最高☆。


乗鞍BC 四ツ岳 * Route

コースタイム:
2/7 曇後晴: 行動時間8時間30分(休憩・ロケハン含) / 7:30 平湯P – 8:40 渡渉 – (5時間30分 休憩含) – 13:00 ▲四ツ岳(山頂250m下)【DROP!!】 – 15:00 渡渉 – 平湯P 16:00

ヤマカシ」と言う山で滑る者の映像作りました。投票ページが有りますので、よろしければお願いします☆投票ページ: チームウォーリアーズ

Read More

乗鞍四ツ岳

四ツ岳(2,744m) 2011/02/07 13:00

憧れの山、The 4ツ。厳冬期、2500m付近までハイク出来たことに感動でした。狙ってもなかなか来られないこのポイント。素晴らしい雪と素晴らしい景色。そして素晴らしい面子でココに集えた事に何より感謝でした。

トップトゥーボトムは標高差1200m以上。ALL Powder、上部はシルキー&ノートラック。2時間以上掛かる下山は登り6時間の苦労を報いるには十分過ぎる程の感動と経験を頂きました☆。

夏の偵察が、冬に生かされるって、何ともいえない達成感♪。色々な要因が重なって、今回はココに来れたんだなぁとつくづく実感します。

何が欠けてもココへは来れない。あえて言うなら、この程度の山すら俺は来れない…っと思うと、今後、山とはドウ向き合えば良いのか…。それを模索するために又登ります。


ヤマカシ」と言う山で滑る者の映像作りました。投票ページが有りますので、よろしければお願いします☆投票ページ: チームウォーリアーズ

乗鞍岳BC 不動岳 / 富士見岳 * Route

コースタイム: 1/3 晴: 行動時間7時間40分(休憩・ロケハン含) / 8:30 乗鞍高原休暇村トリプルリフト乗場 – (20分) – 8:50 ツアーコース – (2時間20分 寄道含) – 11:10 位ヶ原 – (2時間40分) – 13:50 ▲不動岳【DROP!!】- (30分) – 14:20 ▲富士見岳【DROP!!】 – 15:00 位ヶ原山荘横 – ツアーコース-休暇村P 16:10 Read More

ライディングエリア

DVC00336

年末年始に掛けてワタクシもイイものを頂けました。空から降ってくるアレの為に一喜一憂しながらも、悪くないスタートを過ごしています。

自分はスナップを良く撮りますが、データフォルダを覗いてみると、似たような生態系を持つ雑木林や地形の写真が多いなァっと思ってしまいます。しかし、雪質だけは、微妙に違うんですよね。東南西北は勿論だけど、里山レベルでその違いを感じられるのが、楽しいし、それは独特だなぁっと思う。

この土地の感じ、俺が滑らさせてもらってるライディングエリアなんだなぁ~と思います。今は。まぁ、雑感。
 
 
 
山の中に山が有るから…、地形が複雑で、そのくせ滑るところは無数にあって、だけど、何処滑ればイイのかいまいち解らないんですよ。ワタクシレベルじゃorz。

数キロの範囲内に山岳級の山々から、手入れの入った里山・小山まで一気に見渡せるでしょ。そして何処でもいけるでしょ。…歩けば。

バリエーションが豊富で見ていて妄想が耐えないし、その殆どを滑ってみたいっと感じられずにはいられない。素晴らしいです。ココはホントに素晴らしいです。

そういう考え方や目線が何となくイイものの様に思えてきたから、今はそれやってます。
 
 
 
明日も晴れればイイなぁ~♪。明日は雑木林を抜けて上の方を狙ってみようかとかw。乗鞍山系やってきやす☆

DVC00351

DVC00334

DVC00350

周辺ノ標高ヲ知ットク

ちょっと気になったデータを貰ったので自分用メモとして。天生峠は思った以上に標高が高かったし、数河峠は意外と低い所に位置しているのだと思うた。白川郷は高山市よりも標高が低いのに雪深いのは独特の地形からなのか…等とか勝手に推測。ちょっと調べてみたいっすね☆。気になる地形の標高や方位を覚えていると、“ナニカ”の役に立つとか立たないとかw。メモデータは以下に。
Read More

不死ノ俺達

富士ノ折立−真砂岳〜剱御前

初雪観測後の立山連峰の尾根を歩いてました(10/27)。雪の降り始めのほうが、何処に多く雪が積もるのか、風はどちらからどの筋を通って流れるのかが解りやすい…等と思いながら、来月の下見ですねー。

連峰の一つ、富士ノ折立から剣御前方面です。富士ノ折立のウラのシュートがヤヴァイ。詳細はまた後ほど☆

Read More