誰ガ林檎ノ面倒ヲ見テイルノカ?

林檎#1

林檎どうですか?今年も、また父が勢いで植えた植物が、ワラワラと実り、処理にコマテマス。誰かに、勝手に来て、勝手に盗って行って欲しいとさえ思います。粒は不揃いで、見た目も悪いが、中々イイ味はしている気がします♪

 

無農薬…のはずです。無選定、無肥料。構ってる暇も無い。が、しかし勝手に生えてくる。苗木を植えただけで、翌年には、そこそこ実をつけました。いや、誰かが、面倒を見ているのか…?謎です。うちには、謎が多い。俺は家の事が全く解らねー。
林檎#2
林檎#3

THE ヨリアイ SPACE

ヨリアイスペース

B1の休憩スペース@ホワイトピア。週末になると、ユル~イ時間がココでは流れている。自動販売機と蛍光灯の灯り…。

 

フルシーズンになると、外の雪は青白く照らされて、何やら、そういう時は、翌朝の事を想像…っと言うか、妄想し、ソワソワする。

 

また、ここには、温泉が有るので、滑り終わりに、ひと風呂逝けるのがイイ♪早朝パウダーのあと、昼過ぎには既に風呂w。そして、パークが開く頃に、のこのこと再滑走…。そして駄目人間が完成する。でも、サイッコウ。

 

大昔、俺も、ここで泊まって、滑って、会社行って、またここに戻ってくるを繰り返していた時期があった…様なw。アマリ、オボエテイナイ。

 

そこで、色々な人々と出会い、友人や家族が出来た。それに、今の滑り方に大きな影響を及ぼした人と出会ったのもココだ。あと、骨も、ここでは通算3回折った。

 

あの頃は、誰もココにはいなかったのに、数年経って、いつしか、それなりのローカリズム的なコミュニティーが出来、それを遠くから、ぼんやり眺めているのが、何故か楽しい。

 

また、毎年の様に、風の噂で耳に入ってくる、このスキー場の経営状態が、終わりそうで終わらねー感じが、何となく、飛騨のスキー場に近い匂いを醸し(カモシ)出し、イイw。

 

まぁ、そんな感じです。ココは。明日も晴れりゃー行くぜー。雨なら、羽島w。

季節ヲ感ジレル AT THE ICE CRUSHER

061026-3-2

weathernews.jpで週末の天気を確認していたら、曇/雨だった明日の天気が、更新後は、曇/雪に変った。明日の高山は前日比マイナス4度らしいです。

 

今まで季節の移り変わりに興味は無く、また、近年、拍車を掛け、季節感も無く、一年を通して屋内外で滑ってきた。

 

山をやるようになり、自分の住んでいる地域の四季や風土・気候、その他云々を改めて垣間見れる様になると、急に、季節の移り変わりに対し敏感になる事が出来る。

 

その一つ一つのプロセスが自分にとって、とても興味深く、また、そのプロセスを飛ばしてしまう事は、勿体無く感じる。そろそろ、ソウイウコトが自分にとって、大切な物事になってきたんじゃねーかって思えてならねー。どう大切なのかは、まだ解らねー。

 

10月と11月の紅葉の時期は仕事が忙しく、あまり山へ登れなかった。先日登った西穂高に最後の紅葉を期待して山行したが、登山道は針葉樹の樹林帯で、まったく紅葉色など無く、また山頂付近は既に20㌢のパウダーでした。

 

そして、アイスクラッシャーが始まり、山で滑る事が多くなると、気持ちは既に冬になる。しかし、weathernews.jpでは、まだ紅葉情報をやっているくらいで、実は全国的には、未だ紅葉の時期…っと言うか、まだ、秋なんだよねw。

 

地元の紅葉の時期はすっかり過ぎてしまい、後悔に似た感情は有るね。釈然としないが、過ぎ去った今年の紅葉は、来年にとっておこう。

 

ですので、明日から週明けに掛けては、山を滑ろう。アイスクラッシャーも俺にとっては、季節の移り変わりを感じられる大切なプロセスの一つなのかもね。キモティ良くなれるかな?もっともっと、色々感じまくって、キモティ良くなろぅ♪

出テマスガ…何カ?

山で、外で、滑る…が楽しくて、楽しくて…。土曜深夜の滑走会イベントを3時に終え、そのままの格好で車泊してw。

 

翌ホワイトピア朝一は雨で♪、それでも、面子が良ければ、はしゃぐでしょ?久々にナオジと滑った。汁出るでしょ。はしゃいだ後は、そのまま眠るだけ。

 

そして次の日も朝一♪。鳥嫁の準備も待たずに、一人でSW直滑。出る出る。すると、コワイ顔系の桐山田を見つけたので、一緒に直滑る。汁出ル。

 

午後から何と、BCガイドでフォトグラファーでメローでジャジーなVingsサン現る。出るでしょ?板、PORNOだよ。知ってる?

 

はしゃぎ過ぎて、笑い過ぎて、ずっと薄着で、半袖で…滑り続けて、体が冷えてて、しかし気付いてなくて…。上着を取りに行くのも、面倒臭くて…。

 

いつもの事で、呆れるが、夢中になると、それ“だけ”になってしまい、そゆ事が、正直、多くて…。そして家路に着いた頃には、頭クラクラでした。なので、次の日は、鳥嫁と滑らずに、一日じゅうスカパー!HD見続けてました。サイッコウ!

天気ニ任セテ今ハ眠ル

DVC00141.jpg

さっきまで羽島で滑っていた@AM3:00。深夜滑走会…と言うイベントでした。そして今は、ホワイトピアにいます@AM6:00。駐車場の一角から、クラッシャーゲレンデを見ている。予報では晴れと言っているに、まぁ、今は雨です。…明日は、気長に、気楽に、天気に任せるとします。おやすみ。

丸黒山非難小屋デ思ウタ

丸黒山非難小屋 弐

 

丸黒山の非難小屋で小休憩した時の画(@08/16)。乗鞍青年の家の登山口から、唐松や白樺の林道を小一時間程歩くと、急に目の前が開けて、ここへ出る。

 

まだ、行程の三分の一程の所だが、夏の突き刺すような日差しは、体力を大きく消耗させてくれる。木漏れ日の下から上を見上げて、疲れを回復させた。

 

ここで言う疲れとは、もしかしたら日常の疲れの事なのかも。低山トレッキングが、俺には必要だと思うのは、そんな理由からなのかもしれないと思った。元に、突き刺すような日差しさえも、深緑を通して見上げたら、こんなに綺麗な木漏れ日は、下界じゃ感じられない。

 

あと、大体、低山を登っている時は、何処か怪我をしているときが多くリハビリも兼ねる。この時は、左脹脛と右側副靭帯だったと思う。