ちょっと気になったデータを貰ったので自分用メモとして。天生峠は思った以上に標高が高かったし、数河峠は意外と低い所に位置しているのだと思うた。白川郷は高山市よりも標高が低いのに雪深いのは独特の地形からなのか…等とか勝手に推測。ちょっと調べてみたいっすね☆。気になる地形の標高や方位を覚えていると、“ナニカ”の役に立つとか立たないとかw。メモデータは以下に。
続きを読む

周辺ノ標高ヲ知ットク

P1010362_ed
立山。午前はガスが多かったが、午後からは晴れ間が垣間見える時が有り、その隙を狙ってDropした。光が差し込むと、力が沸く。グダグダ言いながらも、2回登り返しの、今回は計3本。

撮影は満足のいくものはネー感じで、滑りもまだまだピヨピヨで、岩場を滑るときなんて、腰が引けてて笑えた。まぁ、それでも面白れー事に間違いはねーっすね。

GPSのログなど詳細はまた後日。次は乗鞍BC。誰か一緒に息魔性。

続きを読む

グダグダ言イナガラ登リ返ス

スノーヴァ羽島でゆる〜いイベントをしています。夜12時から2時間30分の深夜貸切滑走会。人目を気にせずに、スノーヴァ羽島の中を自由に滑走が出来る雰囲気作りを目指しているイベントです。ゆるゆるです。

次回は11/20(土) 12:00からです。11月から参加者「全員」に無料滑走券が貰えますよ☆。

一人で参加されても、友達どうして参加されても、スノーボードの仲間がかなり増えますよ☆。滑れる方のみを対象としているイベントではなく、初心者やキッカーデビューしたい方々が参加しやすい雰囲気にするよう努力をしています。勿論、ガッツリ黙々でも構いませんよw。整備後の綺麗なゲレンデで練習したり、滑ることが出来ます。前回の様子はこんな感じです[⇒]

シーズン前の足慣らしに如何でしょうか?

詳細はこちらへ:Mixi Community:ZERO BOARDER’S
第48回スノーヴァ羽島貸切滑走会

深夜貸切滑走会 vol.48

イベントがありますよ。週末山で滑った後に、もしくは、すべりに行く前にどうですか?メーカーコラヴォで飲み会してます☆。

YONEX feat.

日時:11月13日(土)19:00~22:00
場所:楽流:らくる
    岐阜県岐阜市細畑4-11-11 ルミエール2F
会費:4,000円(Foods+1dri+豪華賞品)
   ※当日にご持参下さい。

Team YONEX Rider
CVB新井・青野 令・林 亜紀子・中島 志保

以下詳細

続きを読む

YONEX feat.

ヌードリングの重し
SH-04A http://flic.kr/p/8Srr51

夜勤中、深夜二時か三時頃に、仕事が一段落し軽く食事を摂ることになりますが、総務課が配給する食事ときたら大抵カップ麺とかで、センスを疑うわな。心の優しい方々達がたまにイイモノを持ってきてくれることも有りますが、何にもネー時は、しゃー無しですが、ヌードリングします。30age過ぎて、深夜のヌードリングは、何故か侘しい(ワビシイ)気持ちになります。今回は老舗メーカーのをヌードリングさせてもらいました。ところで、俺は必ず、海老を抜きます。海老の味がしねーからです。ほどなく海老抜きの作業を終え、湯を入れ、蓋を閉めるのですが、毎回、必ず蓋が開くので、重しを乗せます。だいたい、手の届くところに何かは大抵有るのですが、今回はない…FAKKU!。ふと見ると、マグネットクリップに誰かが送ってきたハガキが挟んで有るモノが見えたので、それを重しにしました。三分間、麺ドモが煮えたぎって逝くのを待ちながら、暇つぶしにハガキを読むことにしました。…どうやら、先日アルバイトにきた小僧からの手紙でした。…どうも、ニュージーランドにいるみてーです。FAKKUですね♪いつか行ってみてーなーNZ☆そんな妄想に耽り(フケリ)ながら三分は過ぎ、海老抜きでヌードリングしながら、明日は鳥嫁がホワイトピアに行くらしいが、俺はザ羽島へ行く気になってるとか、ならないとか…。

ヌードリング妄想

101107_022239_ed

メーカーとコラボでの貸切の滑走会。アンドゥさん率いるザSALOMONは今夜が三回目。ただ一緒に滑るわけではなく、最初に一時間ほど机上講習を受けてから滑ります。今回はキッカーでの「抜け」。ホワイトボードを使用し、アプローチから抜けてゆくまでを丁寧に説明し、その上で、滑る。そうすると、良くなるんすよね。

最後は、キッカーに登って集合写真なんだけど、実際にリップに立ってみて、「抜け」をイメージする熱心な方々もいるんですよねー。こんな事が出来るのも、貸切滑走会ならでわなんじゃないっすかねー☆

机上デノ算用

今季〇壱滑目……は予想を反して晴☆。平湯から高山経由で奥美濃へ5時着。平湯からの道中は積雪。温度計は-7℃(若干怪しぃ)。ケツを振りながら走る。道に立ってるオレンジ色のヤラカイ奴に当りながらも、高鷲に着く頃には止んでいて、二時間ほど寝て起きたら、晴れ。

何故か珍しく自分が朝一番の集団にまぎれてリフトへw。ギザギザのピステンバーンに一本目のシュプールを刻まさせて頂く感じで…なんか、申し訳ない感じ♪

ゲレンデは、まぁ、いつも道理のシーズンの始り方で、出会う面子も大体一緒で、やることも一緒で、昼から仕事って言うのも、毎年一緒☆。

駐車場から白山方面を振り向くと…大日岳の上の方は、こんな感じ。そして、空の感じも、こんな感じ。青!そんな感じの始り方で、まぁいつも道理の感じのアレ。

一発目ハ晴