スプレイ

まぁとにかくかっこいいわ。こんなスプレイ出せんわ。人がそれぞれ違うように、おんなじ所をおんなじ瞬間に通ってもおんなじにならねー。細かい事はどうでも良いが、最終的にはカッコイイって事をみんな求めてるはず。選ぶポイントや描くライン、その延長か途中にあるスプレイ。ただブレーキかけて出すやつじゃないやつ。ラインやターンの一部になってるやつ。減速せずその先を次々と狙える様なスピード感や流れ。←説明はどうでもイイわ。ただ、これがカッコイイとグッとくる。

フリーライディングがなぜ未だに注目されているのかわからない。あって然るべきもののはずなのに。ただし、魅せれる様になるまでかなり時間かかるやつ。

裕樹(右)はすげーと思う。このスプレイ一つで雑誌の表紙になれる男。そして彼を撮り続けるmrkz(左)。世界・国内の一流プロがヤバすぎるスロープやクリフを飛ぶのか落ちるのかわからん様な写真を使用した表紙と、肩を並べてスプレイ一発で載るって、それ、普通じゃない証拠。雑誌作ってる中の人は目の肥えた人なんでしょ。生活かけてる毎回勝負のその媒体に、凄み感がバンバン出てる危険な香りのゲキヤバ写真じゃなくて裕樹のスプレイ使っちゃうんだもん。それは同じ価値があるって考えたんだと思う。

俺のスプレイはただのユキケムリ。20年何やってきてんだかなぁって感じのやつっすよ。レッツスプレイ。

頭ノ中涼シクナルヤツ

つつまれてきた。白いやつ。頭の中、涼しくなった。もうやめれん。とまれんね。

地元で滑れるってのが最高。仲間と滑れるってのが最高。ボードもウェアーも最高。膝は最低。まぁしゃーねー。薬沢山飲んで、効いてる内は最高やよ◎。

あしたも滑るぜー。

Privatesession Snowboard Camp in Mizuho-highland

上手い人の後ろを滑るとスノーボードの面白さが分かってくる。スクールでもガイドでもないコレからの新たなカタチ。ライダーセッション!ゲレンデの中をベテランスノーボーダーと滑ろう。ゲレンディング.comがお勧めするセッションをまとめました〜!

情報源: 上手い人の後ろを滑ってみよう!スノーボードの面白さを知れる。ライダーセッションという新たなカタチ!

 

1/14・15は島根県 瑞穂ハイランドにて太田”YOSSHY”宜孝 (Unfudge outerwaer)先輩のPrivatesession Snowboard Camp に堀尾 宗弘 (Readymade)先輩とお邪魔します。地元から650km離れた島根瑞穂で何が出来るのか今から楽しみでならねーっす。雪が有ろうが無かろうがやることは一つ。気合入ってきたっすね。

Privatesession: http://privatesessio9.wixsite.com/privatesession2009
Geländing com: http://gelanding.com/lineup/ridersession.html#pvsc