HALF PIPE

PHOTO BY UMA

PHOTO BY UMA

高鷲のスーパーパイプで毎回やられてる。その割に成長していない。初の高鷲のHP。低空なエアーをPhotgrapher UNAさんに撮ってもろーた。これは嬉しかった。

縦長の写真、上はスペースがすごく空いていた。本来はここに姿が入るはず。ここに姿が入るくらい飛びたい。今の所は…。来年この写真見て笑えるようになろう。こればっかりは回数重ねるしかねーすわ。やり始めはこんなもん。

こんなヨイ環境、他にはねーわ。金の話は興味無いが、金掛かってる施設に、ワールド級のライダーと同じ空間で、それ見ながらセッション出来るのってねーわ。ハウツー見る必要ねーわ。

地元は誘惑が多過ぎて、雪の良いところへ手軽に行けてしまう。そこでシコシコ修行しまくってるけど、そんな所に人いねーから、独自の感覚で板下向けて真っしぐらに落ちるしかねーけど、それが、また、これでヨイのかどーか、それすら分からんから、先が見えてこねーので、そればっかやってて時間が足りねー。

雪がヨケれば白馬まで行ってマルコスと修行する。あっちはあっちで、怖えー顔したすげー人が腐るほどいるし、行けば行くほど山が広がり過ぎて滑らんといかんところが増える一方でキリがねー。

太田先輩がセッションするって言えば、手伝うフリして、”ニュートラルポジョン”とやらを伝授してもらいに行くが、それが日本の何処だろうが行くけど、奥が深すぎるから困るわ。

近年は山ばかり頑張ってきたけど、こりゃーまた修行しなきゃいけない場所が増えた。HPは絶対に山を滑るのに欠かせない何かがある気がしてならねー。

PHOTO BY UMA / WEBSITE: UMAGONIA


HALF PIPE」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ABOUT THIS SITE | MANJITOU

コメントを残す