松倉山カラ真光様

松倉山の城跡から夕焼けを狙いに来たが、西側は松が茂り、陽は見えなかった。いつか朝日もここでと思っていたが、東も結構茂っていて、ご来光も上手くいかない気がした。夜まで粘ったが夜景も微妙。

昔より眺望をよくする為か、だいぶ木々が伐採されていたが、撮って見ると、それがかえって人工的で不自然な絵図らになってしまう。あの木さえなければ…っとエゴを隠せない自分がやるせない。

いつか撮れるかもしれない別の景色の写真を想像しながらぶらぶらとロケハン。ただ、熊が怖い。

眼下に真光様の神殿が良く見えるので撮った。むかし、参拝者用の立体駐車場でスケートしていて怒られた。そんな真光様の神殿の左にあったはずの丘(っというか山だったはず)はまったいらに整地されて、大きな建造物の基礎らしきものが見えた。

しばらくしたら、またここへ来ようと思う。イメージは、早朝、薄い霧か雲海、朝日から伸びる光芒、この辺がキーワードになる写真が撮ってみたいね。標高は低いけれど、マチュピチュっぽく撮れたら、最高かも。妄想だけどね◎。

SNOWBOARDに出会ったから山を登るようになった。写真を撮るようになった。スケートとサーフィンとサップとキャンプを始めた。怪我も増えた。沢山の人と出会うことが出来た。感謝と孤独を覚えた。家族の絆が深まった。自分と向き合う時間が長くなった。お陰で終わらない自分との戦いが続く羽目になった。疲れるぜー。

コメントを残す