UNFUDGE OUTERWEAR 2016-2017 Indoor shooting

昼間の滑りで身体に充実的な疲労感を溜めながら、深夜まで来期のUnfudge Outerwearにファインダーを向けるPhotographer mrkz。意識が朦朧となり始め、つい先程まで滑っていた斜面を思い浮かべる。あの斜面を今この真新しいウェアーを着て滑ったらどんな滑りが出来るのか。軽量化され破水性も大きく向上したMade in Japanの新Unfudge Outerwearを着たら、軽快に森の中を滑り降りて来る事が出来るだろう。天気に左右されることなく無邪気にはしゃぎ回る事が出来るだろう。本気で遊んでもらう人のために、プロライダー太田宜孝の眠れぬ夜もまた続く。

そして入稿期限間近…。

SNOWBOARDに出会ったから山を登るようになった。写真を撮るようになった。スケートとサーフィンとサップとキャンプを始めた。怪我も増えた。沢山の人と出会うことが出来た。感謝と孤独を覚えた。家族の絆が深まった。自分と向き合う時間が長くなった。お陰で終わらない自分との戦いが続く羽目になった。疲れるぜー。


1 Comment » for UNFUDGE OUTERWEAR 2016-2017 Indoor shooting
  1. Hajimehiko Hino より:

    Indoor shooting-本気で遊んでもらう人のために

コメントを残す