NAGAREHA BANKED SLALOM 4th

image


5年ぶりの流葉は相変わらずノスタルジック。やりきったので結果はよーなかったけど悔いは無いよね。……それ嘘かも×。出直しだね。

以下雑感。

1stランをフィニッシュした時はいい順位に入っていると言われた。これ行けそうって思ってしまったけど、1位のタイム聞いて驚愕したよ。6秒差。ダントツ過ぎてウケタ。2ndラン悩んだ。完走も頭に入れて1stより攻めりゃ―イイっとかって言うの、それ、ちょっと甘すぎるかも。DQ覚悟で”何をしてでも”勝負を仕掛けないと、そもそも他のライダーにすら勝てるわけねーしね。負けたので今は何とでも言えるけど、勝負して散ったのなら悔しいけど、気持ちは悪くはねーっすわー。爽快。こういうの、のめり込めるから面白いね。楽しいイベントに誘ってくれた高井隆司と翔悟にありがとう。そしてお疲れ様だ。

で、今、不思議でならねーのが、優勝した人の滑り。ただ、板に乗れてるだけだとは思えねーし、その滑りにどんな秘密が隠されているのか、知りたくてしょーがねー。間違いねーのは早いって事はかっこいいって事。どんなかっこいい滑りする人なんやろー。外人みてーな滑りするんかなー?


コメントを残す