Winter has returned.

image


まるで厳冬期が戻ってきたようだった。山へ向かう道中の降雪は次第に強くなり忘れかけていた景色が蘇る。黒いアスファルトは瞬く間に白く塗り替えられ、そして闇を照らす。車の流れは徐々に遅くなり、大型の除雪車が前を塞いだ。フロントガラスに張り付き凍る雪は、ワイパーを早くしても溶ける事は無い。これだ。これを待っていた。つかの間の冬景色をしばらく路側帯で堪能。今夜も2時間夜滑る。

SNOWBOARDに出会ったから山を登るようになった。写真を撮るようになった。スケートとサーフィンとサップとキャンプを始めた。怪我も増えた。沢山の人と出会うことが出来た。感謝と孤独を覚えた。家族の絆が深まった。自分と向き合う時間が長くなった。お陰で終わらない自分との戦いが続く羽目になった。疲れるぜー。

コメントを残す