丸黒山非難小屋デ思ウタ

丸黒山非難小屋 弐

 

丸黒山の非難小屋で小休憩した時の画(@08/16)。乗鞍青年の家の登山口から、唐松や白樺の林道を小一時間程歩くと、急に目の前が開けて、ここへ出る。

 

まだ、行程の三分の一程の所だが、夏の突き刺すような日差しは、体力を大きく消耗させてくれる。木漏れ日の下から上を見上げて、疲れを回復させた。

 

ここで言う疲れとは、もしかしたら日常の疲れの事なのかも。低山トレッキングが、俺には必要だと思うのは、そんな理由からなのかもしれないと思った。元に、突き刺すような日差しさえも、深緑を通して見上げたら、こんなに綺麗な木漏れ日は、下界じゃ感じられない。

 

あと、大体、低山を登っている時は、何処か怪我をしているときが多くリハビリも兼ねる。この時は、左脹脛と右側副靭帯だったと思う。

丸黒山 山頂

丸黒山ニ立ツ
着きました。ありがとーございまーす。山頂はピーカン。しかし、乗鞍岳等への眺望は、雲が薄く掛かり、今はいまひとつかな。少し待とう。それまでは、昼にしよう。今日は、チリトマトヌードルです。