乗鞍岳山頂 剣ヶ峰

乗鞍岳 剣ヶ峰 3,026m 11:00

さすがランナーとご一緒すると、イイ感じのペースで登れるす。まさにトレーニングですね☆。インターバルトレーニングに近いですが、30分は休まずに足を動かし続けるように登歩しています。早すぎず、遅すぎず、一定のペースをキープしながら登歩すると、呼吸が乱れず、結果、早く、長距離を歩けるようになる事に気付き始めた。

DROPするその瞬間まで体力を最大限残したいす。わたくしはクライマーでは無くスノーボーダーだから、気力体力を振絞り、危険を冒して登頂する事はしちゃいけないって思うてます。


滑り出すその瞬間から、そして滑り終えるまでのほんの刹那だけ、出来うる限り、脳から汁を出し、歯は食いしばり、板は下を向ける。心身共にベストな状態を、その山行のピークとして迎えられたら、自分のとっては、その回の山滑りはGOODですね☆。

だけど、山は余りにも誘惑が多すぎて…。滑ることも忘れて登り、先へ、奥へ。気付いた頃には、滑ることも出来ない様なアイシーな所に出たり、戻ることも出来ない様な深い森林に取り残されていたり…。3回に1回は寄り道がメインになってたりして…。だけど、それも一興ですかね☆。

朝日岳山頂

朝日岳 2,975m 10:00

岩崎君と春の乗鞍。朝日岳は剣ヶ峰を中心とした権現池火山体の外輪山の一座。この時期はトレーニングも兼ねて剣ヶ峰をよく目指しますが、朝日岳のピークはいつも飛ばしてトラバースする。楽だからw。だから実は今回が初登頂でした。

ピークにはお社が祀られています。雪に晒されている木材は柿木を使用する事が多いらしいと岩崎君が言うてました。


先日、剣ヶ峰の外輪山の内側に出現する権現池側へ滑り降りたく思い、下見がてらに里見岳へ登ったとき、肩ノ小屋から権現池へ続く、脇道が残雪の下に見え隠れするように伺えた。国土地理院の1/25000には載っていないので、すでに荒廃しているルートなんではと思う。

そこ行って見たいっすよね。ただし、立ち入り禁止区域だから、行くなら冬しか無理ですね☆。なので冬行きます。

富士見岳山頂

富士見岳 2,817m 13:20

毎年来るね。ココには。このピークからはイイ斜面が何本も選べる。角度も地形も距離も凄くいいね。だけど、岐阜県側は登り返さなきゃいけないから…きついかも。

今年一発目の春BCは乗鞍岳での3本。結構いいペースでピークを跨げて、歩き方も少しはマシになってきたのかな?もはやトレーニングに近い雪山山行だった。最高っ♪


里見岳山頂

里見岳 2,824m 11:00

ここに人は来ない。ここはルートじゃないし、滑るにしても物足りないメロウな斜面。だけど、人が来ないから、それだけで僕には価値が高かった。考えられる時間と空間があった。

里見岳のピークから恵比寿岳や烏帽子の裏側が伺えた。普段見ることの出来ない風景。恵比寿の裏がやヴぁい。

この時期にしては珍しい大丹生池や五の池が前日の大雨で発池していた。池底もまだ雪が残り、空が反射したとても青い池。


不動岳山頂

不動岳 2,875m 10:20

雪が多く残る時期しか来られない。今年の年始、1月3日に乗鞍高原から不動岳ピークを目指したが、あと10mと言うところでどうしても先へ進めなくなり断念した…。

春も終わりの時期、当時の表情とは全く違う穏やかな空間がそこには広がっていた。


乗鞍BC 四ツ岳 * Route

コースタイム:
2/7 曇後晴: 行動時間8時間30分(休憩・ロケハン含) / 7:30 平湯P – 8:40 渡渉 – (5時間30分 休憩含) – 13:00 ▲四ツ岳(山頂250m下)【DROP!!】 – 15:00 渡渉 – 平湯P 16:00

ヤマカシ」と言う山で滑る者の映像作りました。投票ページが有りますので、よろしければお願いします☆投票ページ: チームウォーリアーズ

続きを読む