笠 #3

R0010933

笠ヶ岳山荘から抜戸岳-大ノマ岳-弓折岳-双六小屋まで8時間の雪渓トレッキング。翌日、双六小屋から秩父平まで3時間の残雪沢筋と新穂高温泉まで4時間の林道wwトレッキング。

尾根の残雪は夏道に覆いかぶさり、普段行けない荒廃したルートをとる事が出来た。しかし、濃霧の中ではルートをロストしてしまいそうな状況も有った。GPS要るねー。

流石に沢筋には雪が残るねー。この時期に残雪が存在する沢の冬は雪崩が多い…と言う事なんだろうね。地形図を片手に、尾根の上から、沢筋を下から、イイトコ探しです。噂の抜戸や弓折の沢…かなり最高すぎる感じのアレが出てるんですけどねー♪。妄想しながらのトレッキングでした。妄想では終わりませんが…ね☆。
続きを読む

秩父平 – 大ノマ岳山頂

100706_100707_ed 100706_112635_ed
秩父岩を過ぎてから霧は濃くなり、そしてよりによって今回の難所と思われる秩父平。7月上旬は雪渓上の登山ルートにマーキングや踏跡は無く、濃霧の中、山では使えないGoogle Map Mobileと自分の感を頼りにアイゼンで秩父平を抜けるのに1時間かかった。夏道の白い○印を見つけた時はフルエタ。

大ノマ岳までまた1時間。綺麗な花畑は雪の下だろうが、この景色もこの時期ならでわだから、それはそれイイと思った。

秩父岩(9:30)-秩父平(10:30)-大ノマ岳(11:25)