笠 #3

R0010933

笠ヶ岳山荘から抜戸岳-大ノマ岳-弓折岳-双六小屋まで8時間の雪渓トレッキング。翌日、双六小屋から秩父平まで3時間の残雪沢筋と新穂高温泉まで4時間の林道wwトレッキング。

尾根の残雪は夏道に覆いかぶさり、普段行けない荒廃したルートをとる事が出来た。しかし、濃霧の中ではルートをロストしてしまいそうな状況も有った。GPS要るねー。

流石に沢筋には雪が残るねー。この時期に残雪が存在する沢の冬は雪崩が多い…と言う事なんだろうね。地形図を片手に、尾根の上から、沢筋を下から、イイトコ探しです。噂の抜戸や弓折の沢…かなり最高すぎる感じのアレが出てるんですけどねー♪。妄想しながらのトレッキングでした。妄想では終わりませんが…ね☆。
続きを読む

笠 #02

RIMG0775

雷鳥岩から笠ヶ岳山頂まで。標高差は余り無く、約2500m~2800mの榛松帯を3~4時間かけて詰めて行く尾根道。今回は4時間掛かった。早く歩く必要も無く、東側には、中崎山超しに穂高連峰が、北東には奥丸越しに槍ヶ岳を見ながら進んだ。この日、肝心の笠ヶ岳山頂は、動きの早い雲に見え隠れし、山頂間際の南西尾根辺で漸くその姿を表した。下から時系列で以下に。 続きを読む

笠ヶ岳 * Route

赤=1日目 青=2日目 緑=3日目

コースタイム:
1日目 7/5 晴/曇: 行動時間11時間15分(休憩含) / 5:45 P深山荘横駐車場(無料駐車場)-(20分)-登山口:槍見館-(クリヤ谷取り付き)-(6時間30分)-雷鳥岩-(4時間)-▲笠ケ岳-(25分)-笠ケ岳山荘 17:00

2日目 7/6 霧-雨: 行動時間8時間0分(休憩含) / 6:30 笠ケ岳山荘-(2時間)-△抜戸岳-(2時間30分)-△大ノマ岳-(1時間30分)-△弓折岳-(2時間)-双六小屋 14:30

3日目 7/7 快 晴: 行動時間7時間30分(休憩含) / 5:30 双六山荘-(1時間30分)-△弓折岳-(20分)-大ノマ乗越-(荒廃したルート)-(30分)-シシドウガ原-(5時間10分)-小池新道-左俣林道-新穂高温泉-P深山荘横駐車場 13:00

続きを読む

笠 #01

RIMG0721
Ricoh-CX1 * DR

槍見の登山口からクリヤ谷・雷鳥岩まで約6時間のアップトレッキング。梅雨明けが間近なこの季節。樹林帯は湿度を貯え生命力を感じる。色鮮やかな新緑から時折入る東からの日差しは気持ちイイ。標高を上げると木々も低くなり日差しは強くなる。クリヤノ頭を過ぎると這松帯となり、ようやく高いところまで登ってきた実感が沸く。6時間前は遥か遠くに錫杖岳が見えたが、既に山頂よりも高い位置から見下ろしていた。尖った岩石が多くなると雷鳥岩。そこで予定道理、休憩をとった。

時系列でルート中、印象に残ったモノを以下に。岩石や岩壁を見ているとイイナァと思うた。何故か温かい気持ちになった。スケールが大きいからか…それとも別の何かなのか…兎に角温かい奴ら。
続きを読む

秩父沢 – 左俣林道

100707_092455_ed   100707_111544_ed
秩父沢のクラック, 左俣林道
 

大ノマ乗越から荒廃した旧道をシシウドヶ原まで30分で降れた。これは鏡平経由を通るよりも30分の短縮になる。

引き続き雪渓を降り、少し心配していた秩父沢の徒渉も無事に渡れて、気持ちにも余裕が生まれてしまい、…天気もイイので、ルービー♪

疲れた体に酔いもまわって、その後数kmある左俣林道が現在辛い…。それでも、なんかこの三日間の幸せな感じのアレが出まくりでニヤケまくりで…。次は槍か五郎か、妄想ばかりのアレで…♪

荒廃ルート

100707_071636_ed
大ノマ乗越側から荒廃したルート (7:40)
双六山荘から弓折岳を越え大ノマ乗越から小池新道へ抜けるルートが有る。ただ一般的に使われてはいない荒廃したルートで通常はザ薮コギルート。

しかし、雪で覆われている今この時期ならばイケるんじゃねーかと。…小池新道へ出るまで雪が続いていたらの話だが。イケイケでイクです。

続きを読む