KM4K OUTERWEAR

2016-03-05 14 23 57
KM4K WEAR / Rider UMA

展示会で見た小嶋くんところのKM4K WEAR。現場で着ている所を始めて見た。そして、それが久しぶりに会えた大好きなUMAくんだったと言う。あいにくの小雨。丁度いいルーズなフォルムを、雨粒が強調していた。ハイスペックな文言が当たり前に並ぶ世の中で、どこか肩の力が抜けた、その流れとは間逆の価値観。KM4Kのプロダクツは、到底一般人の俺にはかっこよく見えてならなかった。そもそもUMAくん自体が物静かで何を考えているのか良く分からない存在なのに、小雨の中でKM4K WEARを着て、朝五時から滑って、少し疲れた風貌で、そこに突っ立ってるだけで、俺の目線は釘付けになった。誰一人が、彼の方に目線を向けず我先にとゴンドラ乗り場へ向かう。周りとは明らかに違う雰囲気が、ビックリゾートの忙しい人の流れの中でより際立って見えた。誰も彼が見えない。彼は透明人間なんだな。会社勤めとスノーボードを両立しているKM4Kの小嶋君が世にアウトプットしている物は、どこか共感を覚えてしまう。まるで俺らを応援してくれているかのようだ。勝手な想像で彼らがどんな者なのかも知らねーが、そう思えてしまうのだからしょうがない。かっこいいと思うからしょうながない。

KM4K online store
UMAGONIA

余談だけど、僕がスノーボードをする上で、高フッ素入りワックスと同じくらい無くてはならない存在の大先輩が作るUNFUDGE OUTERWAER。僕がこちらにサポートをもし頂いていなかったら、KM4Kの事も良くわかっていなかっただろうし、UMAくんの事も透明のままだっただろう。そもそも続けていなかったかもしれないし、出会うことも無かっただろう。信者みてーにダセー事になりたくはねーが、作ってる本人をもっと近くで見ていてーなとは思う。

UNFUDGE OUTERWEAR 2016-2017 WEB CATALOG

UNFUDGE OUTERWEAR 2016-2017 WEB CATALOG

un20162017web-1


UNFUDGE OUTERWEAR 2016-2017

WEB CATALOG PDF
http://motherflower.up.seesaa.net/image/un20162017web.pdf

来期モデルで行った数あるアップデートの一つ。それは「超撥水加工」。ブッシュを突き抜けても切れないタフさ。どんな動きにも追従するカタチ。着ていることを忘れる軽さ。全てを日本国内で作り上げる新しいUNFUDGE OUTERWEARをご覧ください。