Real Favicon Generator

Favicon Generator for all platforms- iOS, Android, PC-Mac...

久しぶりにサイトのファビコンを変更したので、そのときの事をメモ。ディバイスの種類も増え、表示するファビコンの設置方法やサイズも多様になっています。昔からある16*16のドットアイコンから高解像度・IOS・Android・Windows8と数えだしたらきりがないです。

そんなに作っている時間が無くてめんどくせーって思っていた時に見つけた「Real Favicon Generator」と言うサイトは、多様化するプラットホームに対し、様々なサイズや形式のアイコンを一括で作成&ダウンロードできます。しかも、設置用コードも一緒に吐いてくれるのは大助かり。早速取り掛かりました。

  1. まずは260*260ピクセル以上の画像を用意。
  2. ”Select your Favicon picture”を押すと様々なプラットホームのアイコンが一括で生成されます。
  3. 設置用コードも一緒に表示されるので、特に変更が無ければそのままheader内にコピーアンドペースト。
  4. ダウンロードしたアイコン類も設置場所に変更が無ければそのままルートにアップロード。
  5. 全ての更新が終了したら、”Check your favicon”でご自身のサイトのファビコンが正常に表示されるかチェックも出来ます。

便利すぎた。数分の出来事でした。

後で知ったのですが、Wordpress用のプラグインも出ていました。「Favicon by RealFaviconGenerator」。ファビコン設置後でしたので、試していませんが、こちらの方が更に楽そうです。試してみても良いかもですね。

Google Web Font

Google Noto Fonts

GoogleがクラウドでWebフォントを配信していましたが、日本語Webフォントは重いイメージがあったので敬遠していました。しかし、さほどそうでも無さそうなので、サイトのフォントを変えてみました。以下覚書として。

設定は非常に簡単。使用したフォントは「Noto Sans Japanese」。「Noto Sans Japanese」は、AdobeとGoogleが共同開発したフォントです。Noto Sans CJK JPと言う名でダウンロードも出来ます。設定方法は、CSSでWebフォントを読み込みCSSで設定したい箇所のfont-familyを「Noto Sans Japanese」に指定しただけです。

CSSかHTMLに挿入

<style>
  @import url(http://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjapanese.css);
</style>

CSSでfont-familyを指定

<style>
body *{
  font-family: 'Noto Sans Japanese', sans-serif;
}
</style>

 

懸念していた重さについてですが、更新し1回目だけいつもより遅く表示。その後はキャッシュを読み込んでいると思うので、いつも道理の表示に戻りました。スマートフォン(iphone6 plusにて)での表示も同じく1回目だけ遅く表示。その後は通常道理の表示スピード。恐らく、閲覧者が他のサイトで同じWebフォントを既にキャッシュしていたら、読み込みも軽減されると思われます。

 

「Noto Sans Japanese」はフォントウェイトも幾つか用意されているので、必要に応じて太さを変えてみるのもよいかもです。

<style>
h1{
  font-family: 'Noto Sans Japanese', sans-serif;
  font-weight: 900;
}
</style>

Fatal error: Allowed memory size of **** bytes exhausted

さしぶりにWordpressについて。バージョンアップしたら下記の様なErrerを吐くようになったので調べてみました。とりあえずメモということで♪

[php]Fatal error: Allowed memory size of 33554432 bytes exhausted (tried to allocate 279120 bytes) in /home/rslitefc2/users/manjitou/public_html/blog/wp-admin/includes/admin.php on line 43[/php]

本体やプラグインをバージョンアップしたりインストールした際、しばしばこういった現象が発生するようです。原因は、Wordpressを設置しているサーバのメモリ設定制限値を超えたからです。プラグインの読み込ませすぎとも思いましたが、プラグインは便利なので、メモリ設定制限値をあげて解決したいと思います。いくつか方法が有りますが、今回は.htaccessを使いました。

[php]#Change upload limits
php_value memory_limit 64M
php_value post_max_size 63M
php_value upload_max_filesize 62M
php_value max_execution_time 600
#Change upload limits end[/php]

上記内容で.htaccessファイルを作成し、WordPressを設置したフォルダの直下にぶっ込めばOKでした。メモリの設定制限値の他に、投稿時やファイルのアップロードの上限もアゲときました☆。

*この方法は、ホスティング会社のサーバの設定によって使えない場合があります。

Read More

#Gravatarsニ登録シテミタ

gravatar[1]

Gravatars

コメント欄にアイコンが表示されるBlog様も多く見られますので、自分もアバターアイコンを便乗表示してみようとかテスト。

手っ取り早くGravatarsで即終了。Gravatars(Globally Recognized Avatar:グラバター) とは、広い範囲で利用できるアバターです。Gravatar はアイコンであり、フォーラム、チャット、ウェブサイトのような仮想現実上のオンライン・コミュニティの中で、そのユーザーの身代わりとなって…云々。

表示させたい画像とセットに使うメールアドレスを用意しGravatarsに登録。自分は当サイト限定での使用ですので、Adminで設定したメールアドレスで設定。Siteの管理人の場合はログイン状態でコメントを書くと、自動でメールアドレスが入力された状態で投稿されるので、セットに設定した画像も表示されます。

WordPressテーマにGravatarsアイコンを表示するテンプレートタグが無い場合は、以下のテンプレートタグをアイコンを表示したい所にセットしてください。

[php]<?php echo get_avatar($comment, 45); ?>[/php]

($comment, 45)の数値はアイコンのサイズを表します。

#WordPressニ#FacebookノOpen Graph Protocol (#OGP)ヲ設定シテミタ


The Open Graph Protocol

以前FacebookのコメントシステムをWordpressに組み込みました。その際、Wordpress側にコメントを入力し、Facebook側に記事とコメントは反映はされていましたが、記事内のサムネイルも反映されると思いきや、毎回同じサムネイルが表示されるだけで、正しく反映されないままでした。これではまずいですね。

原因を探ったところ、自分のSiteから記事の情報が適切にFacebookへ伝わっていない事がわかりました。URLリンターで、それを確認する事が出来ました。

正しく記事の情報を伝えるために、今回はWP-OGPを使用しました。OGP(Open Graph Protocol)とは、Facebookをはじめ、他さまざまなSNSサイトにリンクする際に必要となるプログラムで、「ページにmeta要素を加え」、「情報を正しくを伝える」機能です。

いつも道理”小粋空間“様を参考に設置しました。

WordPressにFacebookのOGP(Open Graph Protocol)を簡単に設定できる「WP-OGP」プラグイン

Custom Query String Reloadedヲ入レテミタ

WordPressで書かれた記事は、投稿した順番に上から表示されます。それを、古い記事から順に表示させることが出来ます。ストーリー性を持つ記事の場合等は都合が良いかもです。

 

また、Wordpressでは、システムで設定された記事数がアーカイブやカテゴリーなど総ての表示記事数に反映されます(自分は3件)。それをアーカイブやカテゴリー・タブ等、個別に設定する事が出来きます。

Custom Query String Reloaded
http://moshublog.com/2007/10/30/custom-query-string-reloaded-for-wordpress-23-with-tag-support/

クロスポストテスト

BlogとMixiに同内容の記事をぅpる事に意味は感じませんが、WP用のPlugInの導入テストとして、publishToMixiをお借りしました。BlogレイアウトをMobile向けに作製する気は、publishToMixiの導入で、暫くは失せるのかも。画像も同時に挿入出来、使い勝手がイイと思います。ので、これはテスト投稿です。

DVC00134.jpg

画像は先日、鳥のブーツを買いに行った時、Bコバ君にインナーとインソールを焼いてもらってるところです。Superfeet@16000が@5000の投売り価格w。買いっすよ。あと、最近のB㌧ブーツは電熱線とか入ってるっすね。